2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

検定結果!(&WCエアリアル大会)

 指導員検定会最終日。
 閉会式での合格者発表。
 自分の番号は呼ばれませんでした...。
 すごく、くやしい!

 他にも、思いもがけないような人たちが落ちていた。
 私と同じ思いだと思う。
 「うまいだけでは合格できない。」と言う言葉を思い出していた...自分への慰めである。

 隣の合格した仲間に
 「おめでとうございます。」
 「次回がんばってください。サポート行きますよ。」
 少し、ひがみもある..けど、うれしい言葉ではある。

 落とした種目は、B単位の2種目。プルークターンと急斜面パラレル大回り。
 急斜面パラレル大回りは不得意種目なので、なんとなく納得した部分があった。「でも、これ落とすか?」と自分に言って不甲斐なさを感じた。
 昔から大回りは苦手「小回りはその辺のイントラよりよっぽど上手い。でも大回りはどうして下手なの?」今はスキー学校の主任を務めるほどの人から以前(1級取得前)言われた言葉..ある意味成長がない。

 プルークターンは全く落ちたり理由がわからなかった。今までやってきたことが真っ白になってしまった。「養成講習会で教わったとおりの動作のハズ..なのに..。」

 ブロック技術員のTさんに
 「子育てお父さん、どうしたの~?」
 その表情には、すごい戸惑いがあった。それはある意味、私には救いであった。「あなたは落ちる人ではないでしょう?」と言う意味に取れるからだ。

 合格した仲間、直前に一緒に練習したSさんは
 「子育てお父さんと俺のすべりの違いがわからない。何で落とされんの? 子育てお父さんにはコブ斜面の滑り方教えてもらったし、色々アドバイスもらったから子育てお父さんには感謝している。落ちたの信じられない。」
 すごく恥を感じた..でも自分のすべりを認めてくれているうれしい言葉である。

 落ちたのは運かも知れない。でも合格しても運かもしれない。「運も実力のうち。」自分がよく言う言葉を思い出す。

 連絡先を交換した仲間にメールを送った。お祝いメールと残念メール。たぶん慰めが欲しかった。一緒に研鑚した仲間だから..一緒に悩んで励ましあった仲間だから..。
 返信をもらって少し気分もまぎれた。「来年ガンバロ。自分を研鑚するチャンスをもらった。」

 この日は忙しかった。あまり自分の感情に浸る時間はなかった。
 すぐにキッズスキークラブの事務局に言って、フリースタイルスキーエアリアルの応援に行く準備を進めた。
 応援メッセージを準備してもらったシーツに書いた。
 「倉田孝太郎 ガンバレKK
 長男が午前中の練習が終わるのを待ってすぐに出かけた。

 男子の予選は既に始まっていた。「倉田孝太郎の演技が見たい!」
 途中キッズのメンバーとお母さんに会った。
 風が強くて寒いから帰るらしい。
 下の子はまだ5歳。そうだよね。
 「倉田孝太郎は飛んだ」と言う話だった。
 「決勝に進んでくれ!」と願った。

 予選が終わって「決勝、倉田孝太郎さんは飛びますか?」全日本のウェアを着ている人に聞いた。「倉田孝太郎は飛びますよ。」

 その話を聞いて公式トレーニング中は応援メッセージを掲げた。
 「倉田孝太郎さん、見えてる?」

 「倉田孝太郎は決勝に進めなかった。」残念!

 でも、決勝が終わって倉田孝太郎さんにお会いできました。
 来年の世界選手権では更なる躍進を祈念します。

 時間が出来ればキッズにジャンプのコーチをしてくれる話もあった。
 実現できればうれしい。

 昨年、キッズのコーチをしていた田原さんも飛んでました。
 「田原さんもがんばれ!」
 付け加えですいません。
FC2ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:スキー - ジャンル:スポーツ

コメント

まさかの残念だったんですね。
悔しい…ですね。
厳しい世界に身を投じておられるんだって改めて思いました。
でも、その中で多くの方が子育て父さんの技術を認めておられて…
やはり「キラリ」と光るもの、いっぱいお持ちだってこともわかりました。
本当に「研鑽」頑張ってください。
(ハルイチさんよりお先にコメ)

コメントありがとうございます。

■sweetparsleyさんへ
 コメントありがとうございます。
 指導員受検されている人みんな、光るものを持っていましたよ。
 みんな一生懸命ですから。
 益々磨きをかけて再チャレンジしたいと思っています。

試験、お疲れ様でした。

今回のことで、ご自身のスキルを見直すことができたと思います。
内容を見る限り、合否については運・・・というか
紙一重だったようですし。

悔しいとは思いますが(よくわかります、その気持ち!)
これをよいキッカケとして、今後も滑りを磨いてください。
来年の再チャレンジを期待しています!

検定、おつかれさまでした。
記事から無念さがよ~~く伝わります・・・。
やはり厳しい世界なんですね。
しかし「自分を研鑚するチャンスをもらった。」とは
前向きで素晴らしい考えですね。
この苦い経験もこれからきっと大きく役に立つのだと思います。
これからも頑張ってください!

コメントありがとうございます。

■ハルイチさんへ
 コメントありがとうございます。
 自分を見直すチャンス..そのとおりだと思います。
 益々スキーの技術を磨きたいと思います。

■ママレモンさんへ
 コメントありがとうございます。
 この経験をプラスに変えて、自分の糧にしたいですね。
 まだまだがんばりますよ~。

がんばっていらっしゃったのに残念です。
このレベルまでくると、本当に微妙なところで合否が決まってしまうのですね。
来年、さらにレベルアップした子育てお父さんがこの壁を乗り越えるのを楽しみにしています。

コメントありがとうございます。

■かなこぱぱさんへ
 コメントありがとうございます。
 練習する明らかな目標が出来ました。
 来年は更なるレベルアップを目指して、がんばります。

試験お疲れ様でした

 検定お疲れ様でした。 

 ブログを見て、忙しい子育てやお仕事、その他の活動の合間をぬいながら、子育てお父さん1970さんがいかにがんばってきたのかがよく分かるだけに、私自身も、今回の結果、とても残念に思いました。

 また、実技をともなう検定の合否は、本当に紙一重のところで決定する部分があるのだということや、その厳しさも今回の記事で改めて感じました。
 
 でも、来年は今よりもさらに技術の進歩をめざすその姿勢や前向きさがとてもステキだと思います。
 その力でどうかぜひ頑張って下さい! 
 そして、そんな底力のある子育てお父さん1970さんのような方に、ぜひ、子供達を教える指導員になって欲しいなと、思いました。
 これからも応援しています!

コメントありがとうございます。

■こなみるくさんへ
 コメントありがとうございます。
 応援ありがとうございます。
 「ステキ」って言われると胸が弾みますね。
 来年はぜひとも合格したいと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dady1970.blog96.fc2.com/tb.php/72-e66a221f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

子育てお父さん1970

Author:子育てお父さん1970
子供3人
 長男:小学6年生、モーグル選手が目標
 二男:小学3年生、発達障害を抱える
 三男:小学1年生、スキーが好き!
本人の趣味
サッカーとスキー
冬は猪苗代で子供にスキーを教えています。
スペシャルオリンピックスでも活動中です。
バンド活動もしたい

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。