2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ならぬことはならぬものです

 「ならぬことはならぬものです」
 知っている方も多い言葉だと思うのですが、会津藩にあった日新館での教えの中にある言葉です。

 私、ボランティアで子供たちにスキーを教えています。幼稚園から小学校低学年までの子供たちが中心のクラブで。
 今年から運営体制の一部を任され、クラブの規約・規則等を改めて作り直している最中です。この中の会員規則(子供たちが守るべき規則)にこの言葉を入れる予定です。

 この言葉を初めて聞いたとき、自分の考えと強く共鳴しました。
 私自身教育者というわけではありませんが、こう考えています。

 良いこと悪いこと、道徳に理屈はない。そこに理由、理屈を考えること自体が間違いだと。
 "いけない事"はやってはならない。"やらなければいけない事"はやらなければならない。
 社会で人が一緒に生活していく時の、基本的ルールですよね。

 昨年、一昨年とボランティアでコーチをやっていて感じたことは、小さい子供に対してもルールを守る大切さを知ってもらう必要があるということです。
 いろいろな子供がいます。素直にコーチの言うことを聞く子、我がままばかり言う子、常にひねくれた事を言う子、団体行動を無視する子。
(う~ん、悪いことばかり印象に残っているなぁ。そんな事ばかり見ている自分を反省。)
 特に集団になると、ちょっとしたふざけは必ずエスカレートします。スキーでのそれは大きな危険が伴います。

 クラブ活動も一つの社会ですので、やはりルールは必要です。そのことを小さいながらもわかって欲しいと思います。

FC2ブログランキング
スポンサーサイト

コメント

子どもは善悪の判断がつかないですから
ある程度は刷り込ませておくことが大切ですね。
(まあ、子どもが「なぜ?」と感じたことに対しては
しっかり考えて答えていきたいとは思いますが。)
しかしながら最近は大人も弱腰で
毅然とした態度がとれない人が多いことを残念に思います。
「ダメなことは、ダメ!」て強く言わないとね。

コメントありがとうございます。

■ママレモンさんへ
 コメントありがとうございます。

>(まあ、子どもが「なぜ?」と感じたことに対しては
>しっかり考えて答えていきたいとは思いますが。)
 ええ、その問いには当然答えていきますよ。

 大事なのは大人の態度、行動だと思います。
>しかしながら最近は大人も弱腰で
>毅然とした態度がとれない人が多いことを残念に思います。
>「ダメなことは、ダメ!」て強く言わないとね。
 全く、そのとおりですよね。
 大人は子供の見本であるべきだと思います。

子供達に何も言えず、そのままになるってことは無い?つもりですが、やはり保護者を意識して、ほんと、自分がダメになる時も…。
でも、大人も子供もお互いの「信頼関係」さえあれば、どんな言葉も通じるのかなっておぼろげながら見える感じを持てる日も。
そんな時「ならぬことはならぬもの」の出番ですかね?

私もボランティアではありませんが、
近隣のスキー場に呼ばれて主に修学旅行のスキー教室のイントラのお手伝いをしていますので、いろんな子供たちに出会います。

初心者が殆どなのですが、ちょっと滑れるようになると
たくさん滑りたくなってコーチを完全無視してv-359一番下まで直滑降で行ってしまう子、
もともとあまり運動神経がよろしくなくて、すぐに泣き出してしまう子、
まったく人の話を聞かない子、・・(あ、私も悪い事ばかりだ。)

ですが、イントラをしていて何が気持ちいいって、
出来の悪い子ほど、かわいいっていうか、そんな子ほど滑れるようになったりとか、コミュニケーション取れて“ウィーッス!”って
付いて来てくれる様になったりすると、やったv-221
って思うんですよね。
私は女なので、なめられることが多いような気がするのですが、
“ならぬことはならぬ”の精神で今冬も頑張って行きたいと思います。

ところで、唐突ですが
相互リンクお願いしてもよろしいですか?
気乗りしませんでしたら、断っていただいても全く気にしませんので^^


コメントありがとうございます

■sweetparsleyさんへ
 コメントありがとうございます。
 保護者を意識するというのは、どうしても避けられない心理状態ですよね。
 私もかなり意識します。
 他人の子供に注意を与えるときは、その子の後ろに保護者がいるつもりで言う意識でいます。感情的になり過ぎないように、ダメなものはダメ、保護者にも注意を与えているつもりで...難しいですがね。

■riccoさんへ
 コメントありがとうございます。
>付いて来てくれる様になったりすると、やった
>って思うんですよね。
 私もそうですよ。教えている相手と信頼関係を気づくことができて、自分のやり方がうまくいったって思います。
 相手が高校生でも中学生でも小学生でも幼稚園でも同じですよね。大事なことですね。
 相互リンク、OKです。
 よろしくお願いします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dady1970.blog96.fc2.com/tb.php/43-4a8a7ee3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

子育てお父さん1970

Author:子育てお父さん1970
子供3人
 長男:小学6年生、モーグル選手が目標
 二男:小学3年生、発達障害を抱える
 三男:小学1年生、スキーが好き!
本人の趣味
サッカーとスキー
冬は猪苗代で子供にスキーを教えています。
スペシャルオリンピックスでも活動中です。
バンド活動もしたい

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。