2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二男の就学(3)

 4月16日に授業参観がありました。

 二男の特別支援学級での授業が見学できる貴重な機会です。


 教育委員会からは「養護学校が適当」と言われ、説得工作まで行われたにもかかわらずに入学させた地区小学校の特別支援学級です。気持ち的には「教育委員会の判断は誤り」と懐疑心を持っています。
 (ココはつい強調してしまいます!)

 非常に不安な気持ちと、微妙な期待をもって授業参観に出かけました。


 教室に入って....



 ちゃんと席に座っています。

 ナント鉛筆で文字と数字を書いています!

 驚きました!!


 ただ、授業への集中が....落ち着きがない!
 まぁ、これは療育の先生にも言われていたことだから当然といえば当然...まだ幼い分...しょうがない。




 そんで、参観が終わって学級懇談会があり、先生とお話しました。

 特別支援学級には現在4名の児童がいらっしゃいます。
 1年生2名
 4年生1名
 5年生1名(たぶん、5年生だと思う)

 授業中は1年生二人が落ち着きが無く騒がしいということで上の学年二人は授業に集中できないため、教室の中で二つにわかれて授業をしているようです。

 先生方の最初の感想は....。
 「心配したほどのことはありませんでした。」
 落ち着き無く教室の中を出歩いて、もしかして授業にならないのではないのだろうかと心配されていた様子でした。
 このことは教育委員会の会議の中でも一番判断の基準になったらしいです。

 この日、妻とも話をして
 「地区の小学校の特別支援学級に入れたことは大正解だったね。」
 これには大きな自信を持ちました。
 このことは同時に「教育委員会はあてにはならない」という思いを強くしました。
 個人的な考えですが「教育界はあまりにも旧体制以前の組織」となってしまっているように思われます。
 先生個人にはそうでないところはたくさんありますが、組織として見た場合には、あまり良く映りません。
 先生個人の努力が報われるような、現場に目を向けたような組織になることを期待したいです。


追伸:
 この日、二男は学校のストーブで右手を火傷してしまいました。
 何度も先生方は謝罪されました。
 まぁ、こういうことは子供ですから起こりえること...。
 私たちは全く気にしていない旨を伝えました。
 でも、見守り役の先生の立場としては何度でも謝罪したくなるのが心情です。
 二男も全然気にしていないようです。

↓励みになります。ポチッとよろしくお願いします。
FC2ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

コメント

お子様のこと

 おひさしぶりです。
お子さん特別支援学級のほうでうまくやられてるようでとりあえず
安心ですね。多少なりとも落ち着きがないのは仕方ないです。
その場その場の環境や状況の変化にうまく対応出来ない場面も
出てくるかもしれませんが、成長するにつれ変わってきます。
長い目で見ていくしかないです、こればっかりは。でもご両親
がしっかりしていれば大丈夫!

ところで、魔が差してこの前グランデコでクラウン受検して
来ました。結果は当然惨敗!不整地小回りで79点で、その他の
種目は全て78点でした。。。とほほ。。ただ、それ以上にショック
だったのは、溝井さんから、去年の滑りの方が印象に残っている
と言われ、中村さんから、去年の方がいい位置に乗れてた、と
言われてしまったこと。。。なんでだろ~(古い!)

溝井さんに子育てお父さんのこと、聞いてみましたよ。
よくご存知のようで。

これからもいろいろあるとは思いますが頑張ってくださいね!



コメントありがとうございます。

■ココアさんへ
 コメントありがとうございます。
 特別支援学級で思っていた以上に上手くいっているので安心しました。
 落ち着きのなさは、長い目で見ていきたいと思います。

 クラウン惨敗でしたか...これも経験かもしれませんね。
 チャレンジするその気持ちは僕も見習いたいと思います。

 溝井さんはよく存じております。

ご無沙汰してます

ご無沙汰しております。
私も久しぶりにmoemoのブログを開きまして・・
二男くん入学おめでとうございました。

moemoも養護学校(1時間半も車でかかる!)や隣の学区の
支援学級のある小学校を勧められましたが、
兄弟や慣れ親しんだ友人達と違う学校に通うのは現実的でないですよね。

机に向かって授業を受けている二男くんの姿、
嬉しかったですね^^

落ち着きがないのは・・・二男くんが悪いわけではありませんよね。
そこを落ち着かせるのは現場の先生方のスキルでしょう~と
4年目にしてようやく支援学級が出来、
専門の先生に見ていただけるようになったmoemoを見て
実感しております。

現場の先生方に力を発揮していただく為に、
入学してきた児童たちによって先生方も成長していただく為に

組織も頑張って欲しいですね^^私もすごく感じます。

コメントありがとうございます

■ricco_1972さんへ
 コメントありがとうございます。
 ご無沙汰です。
 二男が学校に楽しく通っていることは親として非常にうれしいです。
 小さな山や谷はたくさんありますが、ナントカ6年間を過ごせるのではないかなぁ~と期待しています。

 moemoちゃんの学校に特別支援学級が出来てよかったですね。
 お互い、順調に成長する子供の姿はうれしいですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dady1970.blog96.fc2.com/tb.php/236-d8f2e489
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

子育てお父さん1970

Author:子育てお父さん1970
子供3人
 長男:小学6年生、モーグル選手が目標
 二男:小学3年生、発達障害を抱える
 三男:小学1年生、スキーが好き!
本人の趣味
サッカーとスキー
冬は猪苗代で子供にスキーを教えています。
スペシャルオリンピックスでも活動中です。
バンド活動もしたい

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。