2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二男の就学問題...。

 しばら~く、記事としてあげていませんでしたが...。

 二男の就学問題について、悩んでいる...というより、迷っています。

 二男は来年の4月から小学1年生として就学する予定ではありますが....就学先の選択も、ほぼ確定していると言っても間違いないと考えていますが、迷っています。

 私たちの結論としては、長男が通っていると同じ、私達が住む地区にある小学校の特別支援学級への就学です。

 先々月に入学時検診を終え、先月に小学校で教育委員会の担当者と学校視察をし。そして話し合いを持ちました。
 更に今月始めには、近くにある養護学校も見学させていただきました。

 迷っている中身としては....。

 教育委員会の方から話を聞いて...。
 「地区の小学校の特別支援学級は単純知的障害を対象としている。」
 ようは、通常の学習進度について行けない子供を対象に考えている特別支援学級ということらしいです。
 ウチの二男は精神遅滞と自閉的障害を持っています(ようは自閉症)ので、特別支援学級に入学した場合に...

 落ち着いて学習していられるか?
 生活習慣で自立しているか?

 という問題をクリアにしなくては、学校で対応しきれなくなるということになるのです。

 今のうちの二男ではちょっと難しい課題です。

 全く無理というわけではなく、もうちょっと成長すれば解決できる問題だと言える課題です。

 幸いと言うのが正しいのか、比較的障害としては軽いと言える程度です。
 多分、通常の学校の特別支援学級でやっていけそうだとは考えていますが、今のうちの二男には落ち着くとか、待つとか、指示に従うとかが未熟なのです。
 傾向的には段々と成長しているのがわかるのですが、集団で生活し行動するには、まだ補助が必要とされる段階なのです。

 地区の小学校の特別支援学級では個人に一人の補助をつけるのが難しい状況です。
 これは自治体の問題としても仕方の無いことだと思います。

 そして、もう一つの選択としては、特別支援学校への入学になるわけですが...ある意味、いまのウチの二男には適した選択ではあると思うのですが....。


 ただ、これらを解決しなくては普通の小学校に入学できないというわけではありません。

 最終的に結論を出すのは保護者の判断に委ねられています。
 教育委員会は、どの選択がその子にふさわしいかどうかの判定は出してくださるようです。

 その教育委員会の判定は今月後半に出されるように聞いています。

 私たちの最終判断はそれを聞いて、決めたいと思っています。

↓励みになります。ポチッとよろしくお願いします。
FC2ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

コメント

悩みますね。教育委員会からの判定を待ってまたじっくり考えるしかないですよね。応援ポチ!

さきほどはありがとうございました。

本当に難しい選択ですね。
長男の友人は今、支援学級と普通クラスを併用しているのですが、お母さんもいろいろ悩んでいるみたいです。

応援!

コメントありがとうございます。

■さらパパさんへ
 コメントありがとうございます。
 最良の選択ができるように、悩んで見ようと思います。

■ちかおさんへ
 コメントありがとうございます。
 たぶん、特別支援学級に入れれば、普通学級と行き来することが多くなると思います。
 いろいろ悩んで、二男に良い方向へ導けるようにしたいです。 

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dady1970.blog96.fc2.com/tb.php/209-8b58c58c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

子育てお父さん1970

Author:子育てお父さん1970
子供3人
 長男:小学6年生、モーグル選手が目標
 二男:小学3年生、発達障害を抱える
 三男:小学1年生、スキーが好き!
本人の趣味
サッカーとスキー
冬は猪苗代で子供にスキーを教えています。
スペシャルオリンピックスでも活動中です。
バンド活動もしたい

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。