2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家づくり...01設計書02

 今回も家づくりの話です。
 関心ある人だけ付き合ってください。
 ハッキリ言って...興味ない人にはつまらない内容です...。

 前回、「仕様書」と「要件定義書」の言葉を出しました。
 この言葉、システム開発の世界ではかなり定着し、普通に使われる言葉であるにもかかわらず、細かい定義ができていません。
 具体的に言うと、「書き方」が決まっていません。同じような使われ方をしています。敢えて説明するなら、「要件定義書」を書いて、それを基に「仕様書」を書きます。
 更に言うと、「仕様書」と「設計書」は同義語です。意味はほぼ同じです。ただ使われ方がちょっとだけ違います。
 システム開発の世界ではこの「仕様書」、「要件定義書」についていろいろと本が出されていますし、いろんなところで講習会も行われています。
 私も仕事でそういった講習会に参加したことがあります。超有名、日本を代表するようなコンピューターメーカーの講習会に何度か足を運ばせていただきました。一緒に講習を受ける人も超有名メーカーの技術者ばかりだったことを覚えています。

 そんな講習会の中で講師がこう言ったことをよく覚えています。
 「要件的儀をすることは家づくりをすることと同じ。」だと...そのころ家づくりについて勉強し始めていた私には忘れもしないセリフとなりました。
 その講師は家を建てたばかりで、その要件定義の重要性について、よく痛感したもと言っていました。
 それを聞いて以来、「仕様書」と「要件定義書」について、勉強すればするほど、ものづくりにおいて非常に必要な資料であり、それを書くスキルは非常に有用であると感じたものです。

 あっ、これはシステム開発中心で仕事をしていたころの話ですよ...。

 仕事をしているといろんな部署からシステム開発に関する相談をたくさん受け、よくアドバイスしました。共通したアドバイスは「自分の仕事を分析してやりたい事を明確にしなさい。要件定義をして仕様書を作ってください。」という内容が主でした。

 ここでアドバイスした内容に重要なことが含まれています。

 ここからは次にします。

 長い!
 自分で書いていて思う...長い!!
 全然先に進みませんね。
 興味ある人だけ読んでください。

↓励みになります。ポチッとよろしくお願いします。
FC2ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dady1970.blog96.fc2.com/tb.php/168-01c4f6cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

子育てお父さん1970

Author:子育てお父さん1970
子供3人
 長男:小学6年生、モーグル選手が目標
 二男:小学3年生、発達障害を抱える
 三男:小学1年生、スキーが好き!
本人の趣味
サッカーとスキー
冬は猪苗代で子供にスキーを教えています。
スペシャルオリンピックスでも活動中です。
バンド活動もしたい

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。