2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日は...。

 昨日は長男のスポ少ソフトボールの練習試合がありました。

 突然決まった練習試合です。
 イマイチ、長男のソフトボールに納得していない私は、
「もっと事前に予定してくれ、こっちの予定が崩れる。」とか
「もうちょっと考えて練習してくれ。」とか...ちょっと愚痴っぽくなってしまいます。

 まぁ、そういうのも、私の予定としては長男をウォータージャンプに連れて行く予定があったから...私の小遣いでシーズン券なんか買ってしまったものだから、出来る限り連れて行きたい。
 スキーの友達が一緒に来る予定もあったものだから、なお更...。

 まぁ、そういっても、長男をコーチしていただいている立場、それは受け入れないといけません。

 しかし、練習試合で朝8時半から夕方5時まで練習...って、ちょっとオーバーワーク!?



 午前中は試合が行われる隣の小学校まで、長男の勇姿を写真に収めに行ってまいりました。
 私は意外と写真に凝っていまして、妻をやっと説得し、念願のデジタル一眼を昨年末に購入しています。
 連写が出来る、某メーカーの中型機です。
 このブログに掲載されている写真のEXIFデータを見るとすぐわかります...興味のある方は調べてみてください。

 楽しそうにプレイしている長男...気持ち的にはちょっと複雑...あまり、野球とか詳しくないから、ルールもよくわからないところがある。
 でも、まぁ、長男が楽しくやっていることから...納得しよう(..あまり納得できてません)。
20090523_


 長男を見たあとは、二男、三男を連れてウォータージャンプ&トランポリンへ(やっぱり行くんだ...)。

 つくと、スキークラブで一緒だった子供達がトランポリンをしていました。
 当然、それを見た二男三男はトランポリンへ直行!
 無料でトランポリンができるように、通常の練習トランポリンとは別に小さなトランポリンが設置されています(夏休み中は有料です)。

 そこで、倉田選手と施設の責任者にお会いして今年の夏のウォータージャンプ体験教室のお話をしました(コレが今日来たの目的)。

 二男はトランポリンはもちろんのこと、ウォータージャンプに興味津々!

 着水するプールに近づきます...無防備に近づくので、非常に危なっかしい!
 自閉症だからなのか、興味あることには躊躇なく近づき、危険に対して非常に無防備です。常人とはかなり違います。
 見ているこちらとしては、とにかく心配...。

 最初行ったときは、飛んでいる人はいなかったのですが、人がジャンプ台の上に上がったのを見ると
「スキーよ! スキー!!」
と叫びながら、飛び出していきます。

 ジャンプ台に近づくため、障害物を乗り越え、まっすぐに進んでいきます。

 そして、ジャンプを終えてプールから上がろうとする人に
「クレヨンしんちゃん劇場版、○▲◆、かすかべ野生王国」やら
「ぶんぶんバンバン劇場版、□◎戦隊ゴー音ジャー.....」とかなんとか大声で話しかけてます。
テレビで覚えてしまった言葉です。常人には意味がわかりません。

ジャンプしたモーグルの選手も「!!??????」だったに違いありません。


 でも、ウォータージャンプに興味を持ったのは「良し」としておきましょう。
 チャンスがあったら、将来は飛ばすつもりです。
 結構なチャレンジだとは思いますが....。


 二男はテレビやビデオを覚えた言葉(セリフと言ったほうがイイかも..)で、よく人に話しかけます。
 当然話しかけられた方は「!?」です。
 まだ、会話が成立させられない自閉症の二男は、その障害を理解できる人としかコミュニケーションがとれません。

 ちょっと(イヤ、かなり)悲しい現実ですが...こういったところに来て、子供の楽しんでいる姿を見て幸せを感じながらも、ハッと夢から引き戻されるような感覚を味わってしまいます。頭の後ろから背中にかけて嫌な塊がのしかかるんです。
 この感覚から早く開放されたいと望んでいる自分に気が付いて、ちょっと自分に嫌悪感です。

 この嫌悪感を払いのけるために二男にスキーを教えて、次はウォータージャンプをさせようとしているような気がしています。


 まぁ、それで「良し」としましょう。


↓励みになります。ポチッとよろしくお願いします。
FC2ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

コメント

はじめまして。
ときどきのぞかせていただいています。
スキー関係からたどりつきました。
もしかしたら、グランデコか箕輪あたりで??お会いしてるような気がしています。
思いこみだったらごめんなさい。
というか、勝手にあの人かっこいいね~とリフトの上から。。^^
写真がうちの旦那と、同じようなウエアなので・・・・・。

子育ては本当に納得がいかないことや、思うようにいかないことが多いと思っていても、
なんとかして思うようにしたいとどこかで思っていたり。。。
みんな同じだと思います。

・・・・でも、スキーっていいですよね。

コメントありがとうございます。

■まりん♪さんへ
 コメントありがとうございます。
 グランデコ、箕輪はシーズンはじめと終わりによく行きます。
 スキーをしているときの外見はプロフィールの写真のとおりです。
 いずれかのスキー場でお会いしているというのはあるのかもしれませんね。

 子供は親の思い通りには行かないですね。
 でも、親としては「こうあって欲しい」と望んでしまうのは、思いがあるから...。

 ホント、スキーは楽しいですよね。

こんばんわ。私も同じような子供を持つ身ですから、お気持ちは
痛いほどわかります。今はとにかく体を動かさせる事が一番です。
小さいうちにどんな事でもいいから体を動かしていれば、ある程度
成長してきたときに全然違います。コミュニケーションに関しては、
成長していくうちに変わってきますので、今は我慢です。
ならべく本などを読んで聞かせる機会も作ってあげたらいいと思います。

子供は親の思い通りには行かない、と言うのは健常児の子供に
対する考え方であって、障がい児の場合とは全然意味合いが
違うと思います。。。決してみんな一緒ではないと思います。

スキー・スケート・ウォータージャンプ、、、最高にいいじゃないですか!
バランスが要求されるスポーツは脳の活性化にも効きますよ。
私はよく公園でロープ登りや、自転車、竹馬なんかも練習させたな~
ちょっとムキニなりすぎたけど。。。

コメントありがとうござます。

■ココアさんへ
 コメントありがとうございます。
 自閉症については、しかたないなぁ~...って思いながらも、場所によっては普通と違うことがイロイロと心に引っかかってきます。

 長男と三男は障害がないので、二男との扱いの違いに違和感を感じていることがあるようですが、時間が解決してくれるのではないかと期待しています。

 子供達に対しては、小さいときはとにかく体を動かす、運動をするということを大事にしたいと考えています。勉強はあとからでも間に合うと思っていますので..。
 結局、体を動かすのも勉強するのも中心にあるのは「脳」ですから、特に体を動かすことやコミュニケーションは小さいうちに経験することが能力として一番向上する機会だと思っています。
 小さいころからの身体能力とコミュニケーション能力は大事です。今の世の中、自然にそれを身につけるのが難しい時代ですから尚更です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dady1970.blog96.fc2.com/tb.php/159-6c077c71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

子育てお父さん1970

Author:子育てお父さん1970
子供3人
 長男:小学6年生、モーグル選手が目標
 二男:小学3年生、発達障害を抱える
 三男:小学1年生、スキーが好き!
本人の趣味
サッカーとスキー
冬は猪苗代で子供にスキーを教えています。
スペシャルオリンピックスでも活動中です。
バンド活動もしたい

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。