2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私のフリースタイル世界選手権(その4)

■エアリアル予選■
 3月3日(火)
 この日はエアリアルの予選がありました。
 エアリアル競技だけは予選、決勝が二日間に分けて行われました。

 日本からは男子4人が出場。
 私はそのうち3人とお知り合い...ということもあり、張りきってエアリアルの応援に行くことにしました。
 でも、平日なので、業務の隙間を見計らって、時間で休みをいただいて会場に出向きました。

 私の仕事は、大会期間中は当番を決めて待機する業務となっており、大会期間中は基本的に休日は取れない状態が見込まれていましたが、幸い天候が良かったため、隙間をみて時間で休みをいただけました。

 とにかく、男子予選に間に合わせるべく、休みを取って出向きました。
 予定では、長男も学校を午後から休ませて連れて行く計画でしたが...インフルエンザになってしまい学校にも、大会にも行けませんでした。
 事前に先生に「世界選手権を見せたいので、休ませてください。」と許可をいただいていたのに...残念です。
 長男も「倉田孝太郎選手に会いたい。」と以前から言っていたので残念でした。

 エアリアルの3人の選手は私がお手伝いしている子供のスキークラブではお馴染みな選手たちです。ジャンプ教室やウォータジャンプ・トランポリン教室のコーチをしてくれた方々だからです。
 子供達の"スキーヒーロー"です。

20090303_kk_1
 同じクラブに所属する倉田孝太郎選手です。
20090303_kk_jump
 倉田孝太郎選手のジャンプ!
 残念ながら着地で失敗...2回目の演技はキャンセルでした。

20090303_nt_jump_
 これは田原直哉選手のジャンプ!
 残念なことに、着地で失敗....2回目の演技も着地で失敗...決勝には進めませんでした。

20090303_sn_junp_
 これは西川史朗選手のジャンプ!
 怪我の影響で難易度を下げ2回転に...2回目の演技も2回転で無難に仕上げました。
 決勝には進めませんでした。

 あと、日本人選手では水野剣選手がいます。
 彼も着地で失敗...残念、決勝には日本選手からは進めた方はいらっしゃいませんでした。

 カナダや中国は国としての取り組み方が違います。
 日本も取り組み方を強化していかなくては良い成績は難しい....。
 でも、取り組みが強化されるためには、良い成績を上げて、人気が出なければ....この辺りはやっぱり商業的な部分での取り組みも必要か...。
 何か人気が出るキッカケが欲しいものです。


■エアリアル表彰式■
 3月4日(水)
 この日の夕方はエアリアルの表彰式に参加しました。
 さて、どのように参加したのでしょう...。


20090303_airial_cel
 こんな感じ...。
 女子選手の表彰式の写真です。
 中国の選手のすごいこと美しいこと!

 これはステージの袖で撮りました。
 入賞した選手のエスコート役として、猪苗代キッズの子供達が参加しました。
 このときは事前の練習が無く、私も当日まで細かい内容がわからないまま参加...。
 この日はエスコート役の子供達を集めるだけでイッパイイッパイの状態でした。

 次回はもっと練習して、しっかり子供達がエスコート役をこなせるようにします。  

 というわけで、次回の(その5)につづく...。

↓励みになります。ポチッとよろしくお願いします。
FC2ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:スキー - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dady1970.blog96.fc2.com/tb.php/148-4a285d9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログはじめました。

はじめまして。どうぞよろしく^^

«  | HOME |  »

プロフィール

子育てお父さん1970

Author:子育てお父さん1970
子供3人
 長男:小学6年生、モーグル選手が目標
 二男:小学3年生、発達障害を抱える
 三男:小学1年生、スキーが好き!
本人の趣味
サッカーとスキー
冬は猪苗代で子供にスキーを教えています。
スペシャルオリンピックスでも活動中です。
バンド活動もしたい

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。