2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうすぐ

 もうすぐ育児休業も終わります。4月の第2週まで取得しています。いま面倒を見ている三男の保育園での慣らし保育期間まで取得する計算です。
 三男は1歳2ヶ月で、今やっと一人で立てるようになり、うまくいけば4、5歩歩けるくらいになりました。ハイハイをせずにちょっと心配させてくれましたが、だんだんと動きが活発になり、イタズラも多様になり安心しています。次の心配は、早く保育園に馴染んでくれる事です。
 育児休業が終わって、子供と遊べる時間が少なくなるのはちょっと寂しいですが、職場に戻って仕事が出来るという喜びもあります。

 育児休業で思うことは、この言葉に対する男女の反応の違いです。
 男性は育児休業の話をして最初に出る言葉は、「仕事いいの?」とか「やすめていいなぁ」「お母さんなにしてんの?」。
 女性は「大変ですよねぇ」とか「ご飯作ってるんですか?すごいですね」。まぁ、男の人にかける言葉だからというのもあるのでしょうが、ぜんぜん視点が違います。 男性は仕事に、女性は家事について考えているようです。しかも、男性は家事は"楽"と考えているように聞き取れます。
 言われる側の立場としては、男性からの言葉は責められているような気分になってしまいます。(男が男に言うからこんなもんかぁ?)
 まぁ少なくとも男が育児休業を取得することに、男性は良くないと思っているのが多数のように感じます。

 育児は一人の人間を育てることですから、非常に重要な行為であることは言うまでもありません。ただ、思考(思想?)の中心がどこにあるかで考え方は大きく変わってしまいます。これは男女問わず同じだと思います。たぶん、育児や家事の経験のない女性であれば、私にかけてくれた言葉の感じも変わってくると思います。男性も同様に育児・家事の経験で変わるでしょう。

 人間は元来お母さんが育児をするものであることは間違いないと思います。また、育児に向いています。しかし、ほとんどの人間が狩猟や農耕をして生活しているならいざ知らず、多くがサラリーをもらって男女関係なく仕事をしている現代では男も育児や家事の分野に大きく進出(?)する必要があるべきかと思います。

 こんなことを書こうと思ったわけじゃないのに...。

 まぁ、いいか。

 私が育児休業を取ろうとしたワケは....単に育児に興味があったことと、妻も同じように仕事をしているから、家事も育児も半々かなぁと考えたからです。
 各々夫婦にはいろいろが考えがありますから、これは私達の場合です。
スポンサーサイト

テーマ:パパ育児日記。 - ジャンル:育児

コメント

はじめまして

はじめまして。訪問ありがとうございます。
ブログ拝見させていただきました。
男性の育児に対しての世間の考え方はまだまだ冷たいものですよね。
私は職場の託児所に頼み込んで長女を預かってもらい、長女と一緒に通勤しています。下が双子ということもあって私の職場は私が育児をすることに比較的理解を示してくれているので助かっています。

育児をする父親同士がんばりましょう。

よろしくお願いします。

 ドギさんこんにちは。
 コメントありがとうございます。

 そうですね。まだまだ男性の育児に対する世間の風向きが変わるのは時間がかかりそうです。

 同じ父親同士というのは心強いです。
 これからもよろしくお願いします。

お初

リンクをたどってやってきました。
うちの子が生まれた頃に今の行く旧制度があればよかったのに、とうらやましく思います。
楽しそうでいい。
また、おじゃまさせてください。

誤字

育休制度

いらっしゃいませ

 いらっしゃいませ。
 コメントありがとうございます。
 握屁ボンバーさんのブログはいつも楽しみに読ませていただいております。今度はコメントを残しますね。いつも読むのに夢中になってしまうんです。
 またのお越しを楽しみに待っております。

はじめまして

いつもコメント下さってありがとうございます。

ブログを拝見していると、本当にお子様達としっかりと関わっていらっしゃるなぁと感心してしまいます。

育児休業もとっておられるなんて驚きです。きっとご家族にとっては、自慢のご主人でありお父さんなのでしょうね。

また遊びに寄らせて頂きます。

こんばんは♪

育児休業をとられていると書かれていたので、私もとても素敵なことだと思っていました。
夫婦間でお互いのことを理解しあうのに、もう直接的にお互いの立場を経験することって手っ取り早いですよねv-398

お父さんにはお父さんにしかできない子育てがあると思います。
奥様のことを支えつつ、どうぞ"らしさ"を貫いてくださいね。
時にぶつかることがあっても…私はそうしてもらってよかったと思っています。

tulugiさんコメントありがとうございます。

 tulugiさんコメントありがとうございます。

 男性の育児休業の取得ってまだまだ珍しいですが、これからどんどん増えていって欲しいと思います。

 これからもお伺いさせていただきますのでよろしくお願いします。

machiさんコメントありがとうございます。

 machiさんコメントありがとうございます。

 ほんとうの家事、育児を知るには育児休業で主夫になるのが一番の手段だと思います(ただし、長期間の)。
 "らしさ"は自分の仕事でも育児でも貫くことにしています。何事も自分らしさがうまくいく秘訣ですね。ぶつかることは多いですが...。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dady1970.blog96.fc2.com/tb.php/10-9eb82473
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

子育てお父さん1970

Author:子育てお父さん1970
子供3人
 長男:小学6年生、モーグル選手が目標
 二男:小学3年生、発達障害を抱える
 三男:小学1年生、スキーが好き!
本人の趣味
サッカーとスキー
冬は猪苗代で子供にスキーを教えています。
スペシャルオリンピックスでも活動中です。
バンド活動もしたい

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。