2010-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の二男の様子は.....。

 ご無沙汰してしまいました。

 二男の事について記事にしたいと思います。
 書くことはたくさんあるんです。
 記事にしていませんでした.....。


 夏休みに入って、普段は児童クラブに通っています。
 プールにも楽しく行っております。

 学校からはいろいろと支援していただいて、たいへんありがたく感じています。
 児童クラブでもいろいろと支援していただいて、こちらもたいへんありがたいことばかりです。


 いくつかの次男の話題を....。

 まずは、夏休み前のことです。
 入学前に、校長先生に二男の自閉症について児童に説明する機会を作って、説明して欲しい旨を要望しておりました。コチラから説明してもイイぐらいの感じで....。
 この件について、校長先生は慎重に考えて....
 同じく特別支援学級に入学した児童の親に了解は頂いていたのですが、児童に説明するのは難しかったようで、各クラスの担任に説明するように言っただけで、結果として児童には上手く伝わっていませんでした。

 1年生の担任は特別支援の児童を担当した経験があるらしく、上手く説明したいたようで1年生は二男とも上手くやっていたようです(1年生だけに純粋な子供が多いという事もあります)。

 長男の4年生のクラスは全く説明がなかったようで、長男は嫌な思いをすることが多かったようです。特に4年生ぐらいだと男子と女子で精神的な成長の差もあって、女子から言われる一言にショックを受けていたようです。

 そんなこともあり、改めて校長先生に要望しました。
 「全校生に説明してださい。」
 校長先生としてはそれなりに悩んだようで、同じ特別支援の児童の保護者にも説明した上で、朝の全校集会で説明をしました。みんなと同じように出来ない旨の説明をして...
 最後の一言は.....
 「みんな違って、みんなイイ。」

 このことは良い結果をもたらしたようで、児童クラブの先生も校長先生の説明を聞いてから、二男に接するほかの子供達の態度が変わったとの話がありました。



 もう一つの話題...。
 プールを楽しみにしている二男...全く泳ごうとはしていませんが、プールに入る事は楽しいらしいとのこと。
 しかし、小学校のプールは危険予知ができない二男にとっては危険そのものです。

 夏休みに入る前に、夏休みのプールをどう対応するかが話し合われました。
 対象はうちの二男を含んだ特別支援学級1年の2名。
 保護者と校長先生、担任の先生、そして児童クラブの先生方で話し合いをしました。
 家(二男の場合は児童クラブ)からプールまでとプールでの対応、プールから家までの帰宅方法についてです。
 学校からの提案はプールには校長先生と担任の先生がマンツーマンで付き添うとのこと。
 最初は「そこまでは過剰では..」とは思いましたが、一生懸命考えてくれる先生とプールの危険について話し合いが行われた結果....

 こうなりました...。

■家(二男は児童クラブ)からプールまで。
 保護者(二男は児童クラブの先生)
■プール
 担任の先生がマンツーマン(二男は校長先生)、又は保護者
■プールから家(二男は児童クラブ)まで
 プールで担当した先生又は保護者

 結構(イヤ、かなり)、支援していただいております。

↓励みになります。ポチッとよろしくお願いします。
FC2ブログランキング

スポンサーサイト

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

リステルで練習...感激!...飛べた!

 昨日もリステルでウォータージャンプとトランポリントレーニングでした。

 私も飛ぼうかと思って用意はしたものの、トランポリンだけで終わってしまいました。

 昨日は初めてウォーターを飛ぶ子がいたので、そちらの事が気になって自分は飛べませんでした。

 それと、長男が昨年のウォータージャンプ失敗から、すっかり
 「ウォータージャンプ..コワイ....」
 となってしまっており、先週の体験教室で一年ぶりぐらいに飛び出したものの、2回目のチャレンジは出来ないまま泣き出してしまう状態でした。
 ついでに言うと1回目のジャンプもスタートの位置で柱にしがみついて「コワイ..」といいながら20分ぐらい粘っていたとのこと....親の私が行くと、つい厳しい事を言いそうなので、別のコーチに見てもらいました。
 そんな中、周りの人(チームリステル選手)たちに励まされながらジャンプしたので...あまり余計な事は言わないように次回のチャンスを伺っていました。

 そんな中、一緒のクラブの友達が来るというチャンスに
 「今日は飛んでもらおう」
 という事でやってきました。

 着くなり、今日も練習しているチームリステル選手達に
 「おっ、来たね!」
 って感じで既に選手達に励まされています。

 私も着く前から
 「いろんな人が、君をみて励ましてくれているよ。」
 と精神的にトラウマを克服できるよう働きがけをしてきました。

 トランポリンをじっくりと練習し、友達がウォータージャンプの準備をするのを待ちました。

 友達が飛び始めるのを見て、ゆっくり準備をはじめ、最初は小さい台から
IMG_1109.jpg
 このジャンプ台ね。

 この台を7回飛んだらチャレンジすると宣言して望みました。

 小さい台を恐々ながら7回飛びました。

 「よし、行くぞ!」
 このとき、初めてウォータージャンプにチャレンジする5年生の女の子も一緒に行く事になりました。

 監視員の人に挨拶して
 「初めての子と、前回時間がかかってしまった子です。」
 と伝えて台に上がっていきました。

 最初に始めて飛ぶ5年生女子!
 ある程度下ろしてからスタート!
 ナント!
 一回転してしまいました!

 モーグルコースのジャンプ台と同じに作られた台だったので、飛び出しを知らないと回転してしまう台だったんですが....まさか一回転するとは...ちょっと早かったか...怪我しなくて良かった...ホッ。
 チームリステルの皆さんからは拍手喝采!

 続いて長男。
 前の一回転をみて怖気づいたかと思いましたが、大丈夫そう...良かった。
 コチラもある程度下ろしてスタート!

 飛びました。
 恐々ですが...。
 「おしっ!」
 つい、力がこもりました。
 コチラも拍手喝采!
 皆に励ましの言葉を頂きました。

 続いて、2回目もジャンプ。
 ジャンプもきれいになりました。
 チームリステルの皆さんに励まされ、本人も嬉しそう!

 親の私も嬉しい!
 

 そんな中、感激の出来事も!!

 現在リハビリ中の選手から子供用のスキー板とポールを頂きました!
 選手はこの人 桑原竜司さん
 CA340303.jpg

 「使ってください。」
 「たくさんの子供が楽しめるように。」

 これまた嬉しい出来事!

 リステルの練習では一緒になることが多いんですが、子供達に教えているところを見ていてくれていたんです。


 リステルは良い環境です。
CA340304.jpg
 こんな風に選手にアドバイスがもらえることも!

 今回は自分達のおかれた素晴らしい環境にあらためて歓心してしまいました。

↓励みになります。ポチッとよろしくお願いします。
FC2ブログランキング

テーマ:スキー - ジャンル:スポーツ

ウォータージャンプ・トランポリン体験教室

 今日は夏の恒例になってきましたウォータージャンプ・トランポリン体験教室を実施しました。
20090307_ueno01
IMG_1049.jpg

 講師はこの人
IMG_1045.jpg

 倉田孝太郎さんです。
 元エアリアルナショナルチームの選手であった人です。

 場所はリステル猪苗代です。
 今年もリステル猪苗代の協力により開催されています。

 キッズには一昨年から講師として毎年来てくれています。
 今年で3年目です。

 今年もたくさんのキッズが参加しました。
IMG_1055.jpg
IMG_1075.jpg

 隣ではモーグルナショナルチームも一緒に練習していましたよ。

 しかし、途中であいにくの雨!
IMG_1089.jpg

 そんな中でも飛びます!
IMG_1124.jpg

 どうせ濡れちゃうんですから同じ!
IMG_1150.jpg

 小学一年生から飛びましたよ!
IMG_1109.jpg

 みんな元気、元気!
IMG_1160.jpg

 子供だらけのリステル猪苗代でした!

↓励みになります。ポチッとよろしくお願いします。
FC2ブログランキング

テーマ:スキー - ジャンル:スポーツ

«  | HOME |  »

プロフィール

子育てお父さん1970

Author:子育てお父さん1970
子供3人
 長男:小学6年生、モーグル選手が目標
 二男:小学3年生、発達障害を抱える
 三男:小学1年生、スキーが好き!
本人の趣味
サッカーとスキー
冬は猪苗代で子供にスキーを教えています。
スペシャルオリンピックスでも活動中です。
バンド活動もしたい

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。