2010-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワールドカップ 日本は良い試合を魅せてくれました。

 昨日の日本の決勝トーナメントの試合は非常に良い試合でした。

 PKで結果が出たときは、ついつい涙が流れてしまいました。

 日本らしさが見られた素晴らしい試合だったともいます。



 今回のワールドカップでの日本は、ナショナルチームというよりは、まるでクラブチームのような戦いぶりを我々に見せてくれたと思います。

 通常のナショナルチームというのは、世界で活躍する個人の能力が高い人たちが集まり、その中に数人個性の強いスター選手がいて、チームとしての戦術的な成熟さよりは互いの高い能力を使って、互いのサッカーに対する戦術的な共通認識により短時間で組織的な構成を作り上げるものです。
 各個人が所属するクラブチームが背景にあるため、ナショナルチームとしては成熟した戦術は作り上げるのは難しいですが、もともとが高い能力をもった選手であるので、お互いのサッカーに対する共通認識により高いレベルでの試合が可能です。

 それに対して、今回の日本ナショナルチームは、まるでクラブチームのようにお互いが高いレベルで共通認識と目的を共有する事により、直前のチームスタイルの変更にもかかわらず、各個人が与えられた役割を十二分にこなして、高い集中力と精神力で組織としてのまとまりの強いプレースタイルを全面に出して戦う事をしていました。

 他のナショナルチームとは全然違う感じがしました。

 年に数回集まってプレーしているというよりは、以前からお互いが一緒に練習して、プレースタイルに対する共通認識のもと、成熟しているかのようなチームスタイルを魅せてくれました。

 それは、各個人の輝きよりも、チームとしての輝きが非常に強く印象を与えていた事が証明してくれています。

 どのほかのチームよりも、個人が組織のために働き、組織が個人のために機能していました。

 これらは、直前の韓国との敗戦が一番影響を与えていた事は誰もが感じている事だと思います。

 あの敗戦により、日本は強くないチームであるということが、日本の人々にマスコミに気づかせてくれたと思います。
 冷静に考えれば、各個人の選手の能力から見れば韓国ナショナルチームのほうがチーム力が上である事は誰の目にも明らかであったはずなのに、韓国に勝つのが当たり前のような印象が日本国内に充満し、日本のマスコミがそれを助長し拡大させていました。
 この韓国戦での敗戦も含め、その後も勝てなかったことが日本チームと日本国民をまとめ上げ、そして岡田監督の大胆なチームスタイルの変更を可能にしたのだと思います。



 日本らしく、素晴らしい戦いを我々に魅せてくれたことに感謝します。



 これを契機に、益々の日本サッカーが発展することを祈念します。



↓励みになります。ポチッとよろしくお願いします。
FC2ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:サッカーワールドカップ - ジャンル:スポーツ

ワールドカップ 日本ガンバレ

 今日もサッカーの話題です。

 今日はいよいよ決勝トーナメント1回戦です。
 非常に楽しみな試合ではありますが、少し見るのが恐いです。

 勝つ試合を期待して見ますが、やっぱり世界の壁はそんなに甘くないハズ....。
 選手や監督を信じないとかではなく、日本がワールドカップに出場し、しかも予選を突破した...この結果はスゴイことなので、この先の高いレベルで日本が日本らしく試合できるかが不安で恐いのです。

 イギリスは守備陣が崩壊して、後半はイギリスらしい試合ができないで敗れてしまいました。

 日本には戦いに敗れたとしても、日本らしさを失わずに戦い通して欲しい...。

 負ける事を想像しているようなことを書いてしまっていますが...当然勝つことを期待しております。



 私にとって、今回のワールドカップは、岡田監督がまた日本代表監督として戻ってきた事が嬉しいです。
 過去の記事でも書いていますが
 http://dady1970.blog96.fc2.com/blog-entry-59.html

 岡田監督にはある意味期待通りの思い切ったチーム戦術の変更をして予選に望みました。
 結果は功を奏して、予選突破という偉業を成し遂げたわけです。

 次は公言した「ベスト4」を目指して頑張って欲しい!



 ガンバレサムライブルー!


 しかし、やっぱり試合を見るのは恐いです。

↓励みになります。ポチッとよろしくお願いします。
FC2ブログランキング

テーマ:サッカーワールドカップ - ジャンル:スポーツ

ワールドカップ

 今、世間ではワールドカップの話題で非常に盛り上がっている。

 日本もワールドカップ出場を果たし、明日の3戦目は決勝トーナメントへ勝ち進めるかが決まる重要な予選最終戦がある。

 サッカーというスポーツを少年時代から愛している私としては、非常に注目する試合の一つである。

 明日の相手はデンマーク、私が好きなナショナルチームの一つである。

 デンマークは私にとっては、86年メキシコ大会のエルケーアとラウドルップの2トップで当時としてはロシアと並ぶ優勝を狙うダークホースとして注目されたチームであった。
 当時はワールドカップは夜中のNHKで放送されるのみで、毎日ビデオにとってそれを見ていた。
 当時の日本ではサッカーの試合が放送されるのは日本テレビの高校選手権とトヨタカップ、12チャンネルのダイナミックサッカー、そして天皇杯やナショナルチームの試合を放送するNHKぐらいであった。
 そんな数少ない放送の中でもワールドカップは当に極上のサッカーが見られる少ない機会であった。
 98年メキシコ大会は今のアルゼンチン監督のマラドーナが大活躍をしてチームを優勝に導いた大会で、マラドーナの凄さを世界に見せ付けた大会であった。
 そんな凄いマラドーナのプレイよりも、私はデンマークのミカエル・ラウドルップのスピードと攻撃力に魅力を感じた。彼は弟と二人でデンマークの至宝と呼ばれ、ミカエルはトヨタカップで2冠を経験した最初のサッカー選手となり弟のブライアンはワールドカップと並ぶ大会として有名なヨーロッパカップでデンマークを優勝に導いたストライカーとしてたいへん有名である。

 今大会の日本は決して今までの日本チームから考えると強いチームと言えるほどではないが、現在1勝1敗という成績で予選突破の可能性を十分に示している。
 私個人としては、0勝3敗を予想していた。
 ワールドカップという舞台はそんなに甘い大会ではないし、世界的に見れば日本は順当にいって予選最下位といったところである。

 しかし、今回の日本は高い集中力と各個人の特徴的なプレイが有機的な繋がりで、非常に高いレベルのサッカーを魅せてくれている。
 オランダとの戦いは素晴らしかった!
 負けはしたものの、デンマーク戦での勝利を十分に期待させる素晴らしい日本チームの戦いを見せてくれた。

 日本は、サッカーに関しては後進国である。特にメディアにあっては、とてもサッカーに詳しい人が語っているとは思えないような楽観ムードが多く、いままで日本が出場したワールドカップは、見ていて見苦しいものであった。相手チームを過小に日本チームを過大に評価し、どのメディアを見ても聴いても「勝って当たり前」のような酷い解説ブリであった。
 正直、サッカーを愛するものとしては日本のメディアの無知ぶりは酷かった。

 しかし、今大会はそんな過去の楽観ムードが落ち着き、ワールドカップに出場する各チームを評価し冷静に解説してくれている。見ていて気持ちがイイ。
 サッカーというスポーツを純粋に楽しませて魅せてくれているように思う。

 野球のように世界トップレベルとはいかない日本のサッカーというスポーツを気持ちよく見せてくれている。


 ちょっと、今までのメディアのサッカーに対する態度に愚痴をこぼしてしまったが、明日のデンマーク戦では日本チームに頑張って欲しい!
 そして決勝トーナメントに進んで欲しい!

 純粋にサッカーというスポーツを愛するものとして、気持ちよくサッカーを見ていたい。

 ガンバレ、サムライブルー!

↓励みになります。ポチッとよろしくお願いします。
FC2ブログランキング

テーマ:サッカーワールドカップ - ジャンル:スポーツ

トランポリン

 今シーズンはトランポリンによるトレーニングに力を入れております。

 トランポリンの何がいいのでしょう!?



 答えは....体の体幹部(コア)に効くんです!


 トランポリンは意外と体への負担が大きく、姿勢を保持する筋肉に大きく負荷がかかります。
 特に、背筋、中でん筋そして肩甲骨の周りの筋肉です。

 これらが鍛えられると、体が安定し、必要以上にパワーを出す筋肉を使うことなく運動が出来るようになります。
 具体的に言えば、走り方が安定し、上半身と下半身のパワーの受け渡しを効率的に行え、ボディバランスをコントロールする能力がアップします。

 これらは、全てのスポーツのトレーニングに効果があります。

 個人的には絶対おススメのトレーニングです。


 今日はリステルでチームリステル(モーグル)がトレーニングをしている隣で練習していました。
CA340299.jpg
CA340300.jpg
 私個人は今シーズン回目。

 最初の一回目は相当筋肉痛に悩まされましたが、トランポリンの負荷に、徐々に体が慣れてきました。
 一緒に長男も連れて行ったので、長男とその友達と共に練習です。

 子供達は筋肉の回復が早いのが羨ましい!

 結構、私の歳には負荷が大きいです。

↓励みになります。ポチッとよろしくお願いします。
FC2ブログランキング

テーマ:スキー - ジャンル:スポーツ

運動会がありました。

 先日、長男と自閉症の二男が通う小学校の運動会がありました。

 二男にとっては小学校に入学して初めての大型行事です。

 親としては非常に心配しながらの運動会となりました。


 さて、その様子は....。






 最初の全体更新や整列はバッチリできました。
IMG_0450.jpg
 (担任の先生の補助付きですが....。)

 続くラジオ体操もみんなにあわせて体操することが出来ました!
 親である私たちは、それだけで声を上げて驚いてしまいました!
IMG_0466.jpg
 「おおぉっ! みんなと一緒にやっているぅっ!!」

 すごい驚きでした!

 いや、すごい進歩です!!

 普通の小学校に入学出来て、そしてその結果が非常に良好です!


 そのあとの徒競走もバッチリできました。
IMG_0515.jpg
 (ちょっと走り方が...まだまだ幼児のような走り方...。)



 1・2年生合同で行うダンスは....全くダメでした。
 全くと言ってイイほどに踊りませんでした。
 みんなと違う動きをして、列を乱す場面もありました。
IMG_0713.jpg
 担任の先生が付いていましたが....全くダメ...。

 まっ、ショウガナイ...。

 事前に聞いた話では、練習では中央に立って全く違うパフォーマンスをしてしまう事もあったそうな...。


 1年生の競技は、ちゃんと最後まで出来、親としてはその進歩に感激でした。
IMG_0632.jpg
 (担任の先生のサポートは大きいですが....。)



 4年生の長男は、今年は競技の順位はイマひとつの結果に終わってしまいました。
 本人も少しその結果には不満だったようです。
 リレーの学年代表に選ばれなかった事も不満だったようです。
20090307_uemuraFinish

 親としては、少しは競争心というものが強くなってきたようでよいことだと思っています。
 (この思いで、奮起してくれる事を望みます。)




 自閉症の二男が普通小学校に通い始めて2ヶ月が経ちましたが、結果は良好のようです。

 あとは、これから他の子たちが、自閉症の二男をどのように見てくれるのかが心配なところです。
 既に一部では「変な子」扱いされ長男は嫌な気持ちになっているようです。


 それでは...また。


↓励みになります。ポチッとよろしくお願いします。
FC2ブログランキング

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

«  | HOME |  »

プロフィール

子育てお父さん1970

Author:子育てお父さん1970
子供3人
 長男:小学6年生、モーグル選手が目標
 二男:小学3年生、発達障害を抱える
 三男:小学1年生、スキーが好き!
本人の趣味
サッカーとスキー
冬は猪苗代で子供にスキーを教えています。
スペシャルオリンピックスでも活動中です。
バンド活動もしたい

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。