2010-02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日もスキーに行ってきましたよ。

 今日も長男と二男を連れてスキーに行ってきました。
CA340270.jpg
 今日は雨が心配されましたが、濃い霧の中でナントカ無事活動できました。

CA340265-02.jpg
 私と一緒にリフトに乗る二男です。

 長男と二男が入っているスキークラブの活動でした。
 私はいつものようにコーチをしながら活動に参加です。

 今日はセンターハウスで休んでいると....ナント!

 遠藤 尚くんがいました。
 そう!
 あのバンクーバーのモーグル種目で日本人男子で唯一入賞した選手です。

 うちのクラブの子供達にあっというまに囲まれて、サインをねだられました。


 私もサインが欲しかったが....遠藤尚君がサインするお手伝いをしていました.....ナンデ!?
 「お疲れ様です。スイマセン子供達がサインをねだって...」なんて言いながら...。
 でもウチのクラブのコーチの一人は尚君の同級生で仲良く二人で殴り合ってお互いを励ましあっていました....!?

 長男はしっかりとサインをもらって
CA340269.jpg
 コンナかんじ
 右上が遠藤尚君
 真ん中が田原直哉君
 左が倉田孝太郎君です。

 フリースタイルの選手3人のサインが入ったゼッケンになりました。



 今回のオリンピックは残念ながらエアリアルの田原君は出場できませんでした...非常に残念です。

 でも、みんな応援していますよ。

 エアリアルは競技人口が非常に少なく、日本での人気はいまひとつ...でも、見てみるとナカナカ面白い競技ですよ。

 このブログをご覧の皆さん、どうぞエアリアルにも興味を持ってみてくださいね。

 私はエアリアルの選手達を応援しています!

↓励みになります。ポチッとよろしくお願いします。
FC2ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:スキー - ジャンル:スポーツ

自分の練習

CA340264.jpg
 これは急斜面の不整地です。

 地元では国体コースの「男坂」と呼ばれています。
 ちなみに西側には「女坂」があります。
 「男坂」のほうが急斜面でコブだらけです。コブの間隔は狭く、モーグルのようなコブです。実際にモーグルの選手達が練習している斜面です。
 「女坂」も急斜面ですが、「男坂」より若干緩く、コブも浅く、間隔も広いです。

 私は練習では「女坂」を多く利用します。
 あまり深くて狭い間隔のコブでは練習には今の私の練習には不向きです。でも3、4回に1回以上は「男坂」のコブを滑って練習します。

 練習の目的は、以前のような小回りとコブの滑りが出来るようになることです。

 小回りは板の返りを上手く利用して早い切換ができること。

 コブの滑りはある程度の速いスピードで、反動を自由にコントロールできること。


 最近は自分の練習時間を確保するようにして、子供のコーチをしている休み時間やコーチが終わってから滑るようにしています。

 その練習がだんだんと良い感じの感覚を自分の中に戻しつつあります。
 少しずつイイ感じのすべりの感覚が出来上がっているような気がしてきています。

 少し地道に練習を積んでいきたいと思います。

↓励みになります。ポチッとよろしくお願いします。
FC2ブログランキング

テーマ:スキー - ジャンル:スポーツ

二男の就学先が決まりました。(その2)

 二男(自閉症の障害児)の就学先はどのような過程で決まるのでしょうか?

 以前の記事で就学問題についての記事を書いていました。
2009/9/13「就学の問題」
2009/11/21「二男の就学問題」

 この二つの記事の間に就学児検診で地区の小学校に検診を受けに入っております。

 本当であれば、この頃から記事を書こうと考えていたのですが....いざとなるとなかなか書けない...書くような気分ではなかったというべきでしょう。

 一応、それなりに悩んでいたと思います。


 9/13の記事は就学とその前の就学児検診を控え、療育先の先生にアドバイスをいただきました。
 「二男君の成長は遅いけれども、着実に成長が見られるし、集団の中で一緒に生活することで成長にプラスになる。」
 といっていただき、地区の特別支援学級が適切であると言っていただきました。
 この時点では親の希望と先生のアドバイスで、親の我々の気持ちは決まっていました。

 「二男は地区の小学校の特別支援学級に就学させよう。」



 11/21の記事は就学児検診が終わり、その後に二男の就学について、個別に小学校において教育委員会の職員と先生方と私達とで特別支援学級の参観を兼ねた話し合いが行われた後の記事でした。
 就学児検診を終えて、教育委員会の担当の方から個別に連絡をいただき、二男の就学について相談したいとのこと...。
 保護者の我々が感じたのは、「障害児の就学はそんなに難しいのか!?」ということでした。

 母親が教育委員会の担当と話した内容の印象は、「養護学校の入学を前向きに考えたほうが良い!?」といった感じでした。


 続きは次に....。

↓励みになります。ポチッとよろしくお願いします。
FC2ブログランキング

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

二男の就学先が決まりました。(その1)

 だいぶ長く、この話題から遠ざかってしまいましたが......

 ついに二男の就学先が決まりました!


 親の希望通りに地区の小学校の特別支援学級になりました!


 結構、もめると言うか、スンナリには決まりませんでした。




 最終的な決定権は保護者に与えられているものの、そこにはイロイロな思惑も見え隠れ....なかなか難しいものとなりました。

 というわけで....この話題を一つの記事で書くには難しいので、数回に分けて書いていきたいと思います。

 ご参考になられる方
 気にかけていただいた皆様


 どうぞ、お付き合いよろしくお願いいたします。

↓励みになります。ポチッとよろしくお願いします。
FC2ブログランキング

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

レース!?

CA340245.jpg
 さぁ....コレは何でしょうか!?






 コレはですね....模型です。

 二男(自閉症)のための....レースコースの模型です。



 2/11にレースがありました!

 そのレースでコースを間違えないようにと私が二男ために作ったシミュレーション用のレースコースの模型なんです。

 結果は無事完走しました!

 やった!!



 順位は....9位です。
 12人中の9位です。
 順位はそれなりでしたが、コースを間違えずに旗門をくぐれたので、非常に大きな収穫を得ることができました。


 ちなみに長男は17人中の7位でした。
 6位までの入賞を惜しくも逃しました。

 本人はそれなりに悔しがっていました。
 本人が段々と競争心に目覚めてきているようで、コチラにも収穫はありました。


 私個人としては、もう少し子供達にスキーへの興味が強くなることを願っております。

↓励みになります。ポチッとよろしくお願いします。
FC2ブログランキング

テーマ:スキー - ジャンル:スポーツ

土日は...。

 この間の土日(2月6日、7日)は風が強く猛吹雪でした。

 そんな中、いつもどおりキッズスキークラブでスキーをしました。

 土曜日は-7度以下、強風で視界もなくなるような中ではありましたが、私が率いる未就学児は寒い中スキーをしました。
 まだ、スキーを覚えたての子供達には非常に厳しい環境ではありましたが、午前中は15人ものキッズがクラブ活動に参加しました。
 午後はあまりの厳しさに未就学児の参加者は2人に激減しました。
 ウチの二男も午前中で泣きが入って、母親に迎えに来てもらいました。
 


 日曜日は風は非常に強かったのですが、晴れ間が見えるような天候となりました。
 しかし、昨晩から飲み会に出かけた妻が公共交通が動かず、ホテルに泊ったものの、午前中は復旧しない見込みとの事から車で迎えに行くことになりました。
 雪になれた地域でも、あれだけ天候が荒れるとどうしようもありません。

 午後からはいつもどおりスキーに出かけました。
 前日、泣きが入った二男はスキーはやめて自宅で遊ぶことにしました。

 長男は朝からスキークラブでスキーをしていて、そこに私が合流したような形となりました。


 日曜日は前日のように非常に風は強い日でしたが、気温が比較的高く(-2度ぐらい)、日も差していたので暖かく感じました。

 いつものように未就学児とのスキー活動が終わると、先週の知り合いのイントラの言葉に触発されたように自分の練習をしました。
 小回り中心の練習です。

 急斜面のコブに魅力を感じながらも、以前の滑りのような「キレ」を求めて整地斜面だけで練習しました。

 こういうときは基本に戻るのが重要なことなので、緩斜面での低速練習から急斜面の練習まで繰り返し滑りました。

 以前の感覚は「ただ横にスキー板を押すだけ」でスキー板が回転し、切換をしてくれる感覚でした。
 今の感覚は「ターン前半にスキーを外に送り出して」、スキーをたわませて回転するとうな感覚に変わってきていました。
 この二つの感覚の決定的な差は、時間でした。

 以前の感覚は短い時間でスキーの回転と切換が行われていたのですが、今の感覚に変わってから、非常にスローな感覚が生まれていました。
 コレはスキーが横に移動するスピードとして現れ、結果「キレ」が無くなっていたのだと思いました。

 そこで、スキー板を以前のように強く横に押し出す感覚を戻すことにしました。

 何度か試すうちに、以前の感覚が現れるような気がしてきました。
 スキー板も横に飛び跳ねるような感覚が生まれてきました。
 ある程度練習するうちに、以前のおもしろいと感じていたスキー感覚を取り戻していくように思いました。



 自分の練習をもっと増やしていきたいと思います。



↓励みになります。ポチッとよろしくお願いします。
FC2ブログランキング

テーマ:スキー - ジャンル:スポーツ

良い天気の一日でした。

 この間の日曜日は良い天気に恵まれました。

 スキーをするのには最高のシチュエーション!
 雪が降ったばかりで、雪面もちょうど良い!

 朝から青空で、風もほとんど感じませんでした!
CA340240.jpg

 こんな最高の日なのに....今日は子供達はお母さんとお買い物に出かけました。
 そんで...私は一人でスキー場にやってきて、

 朝のリフト運行開始から乗込んでやってきています。

 こんな日はある意味、自分の練習をするには最高の一日だと思いましたが、やっぱり子供達のスキーコーチをしました。
 子供達のスキーコーチは私の性に合ってます....。
CA340242.jpg
 これは、休憩時間の風景....スキー場のセンターハウス前に作られた雪山に子供達がよじ登って遊んでいます。
 スキー場の係員の話では、圧雪車で雪を集めたら、形を整形せずに置いておくのだとか...子供はこの方が面白いらしい。
 みんな、一心不乱に遊んでいます...休憩中なんだけどね...ウチのクラブの子供ばっかジャン!

 この日は子供達のコーチの前と後と昼休み中に、ここぞとばかりに自分の練習で滑りました。

CA340241.jpg

 朝の一時間で急斜面とコブ!
 昼の40分で...やっぱり急斜面とコブ!!
 終わってからは韓国ナショナルチームも練習している斜面でコブ!!!

 久しぶりのコブ三昧を味わいましたが....もの凄い欲求不満です。
 ここ数年、子供達のコーチで忙しかったのもありますが、まともに練習していないので、思うような滑りが出来ない苛立ちばかり感じてしまいました。

 コブ斜面のリフトが終了したあとはスキー学校のインストラクターの方々が技術講習している斜面で小回りの練習!
 私は小回りの滑りが出来ているかどうかを一つの基準に考えています。
 小回りが得意なので、大回りや中周り、コブ斜面での滑りを小回りからの発展技術のように捕らえて技術を考えています。
 一応、新しいとされる技術(ターン前半からの早い内足の捉えから、両足に荷重したきれいなターン弧を描くような技術、スキー板の跡が二本線できれいに描かれるような滑りです。)で滑りますが、イマイチ満足したものになりません。

 そんな不満を抱えつつ滑っていると、スキー学校のインストラクターの方から

 「イイ滑りしてんねぇ。でも5・6年前のキレはなくなっちゃたね。」
 「子供のコーチもイイけど、自分の練習もしたほうがイイよ。」


 




         .................ズキっ!







 そう!

 キレが戻ってこないんです!!



 練習不足なのは良くわかっています。


 ..............................がっ!


 思うように練習したいなぁ....。
CA340239.jpg


↓励みになります。ポチッとよろしくお願いします。
FC2ブログランキング

テーマ:スキー - ジャンル:スポーツ

«  | HOME |  »

プロフィール

子育てお父さん1970

Author:子育てお父さん1970
子供3人
 長男:小学6年生、モーグル選手が目標
 二男:小学3年生、発達障害を抱える
 三男:小学1年生、スキーが好き!
本人の趣味
サッカーとスキー
冬は猪苗代で子供にスキーを教えています。
スペシャルオリンピックスでも活動中です。
バンド活動もしたい

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。