2007-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お風呂

 ほぼ毎晩、子供3人をお風呂に入れているのは、父親である私です。
 多くの家庭で、子供をお風呂に入れるのは父親の仕事になっているように聞いています。

 うちでは、最初に三男と長男をまず入れるようにしています。
 長男は小学1年となり、一人でもいいのですが(忙しい時は一人で入ってもらっています)体や頭を洗うことがまだ上手にできていないのことと、三男、二男の面倒を見てお風呂で遊んでくれるので、いっしょに入っています。
 三男と二男を一緒に入れると喧嘩になる事が多いです。一緒に入れるときは注意が必要です。

 二男は三男を入れ終わった後に入れるようにしています。二男を三男のあとに入れるのは、三男のほうが先に寝るし、二男はお風呂が長くなりがちです。
 二男は、お風呂に入ると機嫌良く遊んでくれるのですが、体を洗おうというと「いや~ッ」、頭を洗おうと言えば「いや~ッ」でなかなか体を洗わせてくれません。無理矢理は状態を悪化させるので絶対ダメです。忍耐勝負でした。
 最近は、何とか、手段を見つけることができました。

 手段とは...。
 何もかも「いや~ッ」で、すき放題遊んでいるときは..
 「あっそう。んじゃ、先に帰るね。バイバイ」。と言って先にお風呂から出て行くようなそぶりを見せます。
 そうすると、「ちょっとマッター!」と言って止めに入ります。一人でお風呂に入っているのはさすがに嫌らしい。
 「んじゃ、体洗おう!」と...こういう具合になって、やっと洗わせてくれます。
 だんだんと自己主張を強めるようになってきて、今度は相手との取引(療育の先生がこう説明してくれました。)を覚えてきて、生活の中に使えるようになってきました。
 子供に腹を立てることもコントロールできるようになり、子供も取引できるようになり、親も子供ともども成長しています。

FC2ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

昨日は家族で水族館へ...

 昨日は家族で水族館へ出かけました。

 いや~っ大変でした!
 一番手を焼いたのは...やっぱり二男です!
 あんまり強調すると「障害児はたいへん」っていっているようですが...大変ですね。正直告白すると..逃げ出したいと思うことがあります。昨日は妻もそう思っていたに違いありません。

 こんな書き出しで始まると、「相当大変だったんだぁ」なんて思うかもしれませんが、一時ですよ、いっとき。

 水族館へ行くのに車で約二時間かかります。
 水族館へ行く手前でお昼を済まそうということになりました。
 子供は3人、大人は2人、既に人手不足状態です(外に出かけるといつもこのマイナスイメージを払拭できなくなります)。
 レストランに入ろうとすると、三男は既に寝てしまいました。三男は私が抱っこして中に、二男は妻が、まぁ長男はもう一年生ですからナントカ。
 レストランの中では、二男が騒いで奇声を上げたりしています。まぁこのくらいは普通の子供でもありますよね。でもまだ、会話ができないので、注意を与えたいのですがうまくいきません。こういう状態にはだいぶ慣れましたが、押さえようとすればするほど状態をひどくします。程よくやらせておくしかありません...どちらかというと自分たち親がどんな目で見られているか気になるところです。

 水族館に着くと少し離れた駐車場に案内されました。そこから、水族館に行く途中の出来事です。私は少し遅れて水族館に向かうと、途中で暴れる二男に手を焼いている私の家族がいます。雨で傘をさして三男を抱っこする妻、どうしようにも両手がふさがれています。長男も一緒ですがまだ子供です。水族館を出入りする人達の中、手段無く二男に危険(突然車道に飛び出たりしかねない状態)が及ばないように留める事が精一杯です。
 私が追いつくと、相当手を焼いていたらしく、妻はイヤになって長男と三男の二人を連れて水族館へ向かってしまいました(そりゃそうです。何も出来ないでそこにほうって置かれた状態と同じでしたから)。

 私は危険が及ばないように二男に思うように行動させることにしました。好き勝手に車の行き交う道路を横断します。私は通行する車に判るように、突然の飛び出しにならないようにして、二男をこれ以上興奮させないようにするのが精一杯です。時には歩道に、時には車道で寝転ぼうとします。連休ということもあり人も車も頻繁に行き交います。
 根気よく二男を説得(?)しましたが、水族館に行くのも、車に戻るのも何もかも「イヤーっ」です。顔はボロボロの泣き顔です。「お母さん、お母さん」叫び声を上げています。こちらも限界に近いづいて妻の携帯に電話して呼び戻します。
 嫌な顔で戻ってきて私と交換です。妻の説得にも応じません。妻は一旦水族館へ行くことを諦め戻ろうとしますが、そこは私が引き止め、「周りに多少の迷惑をかけるかもしれないが、水族館へ行こう」と。

 水族館へ入ると、とりあえず一息つきました。妻は精神的にマイッタという顔つき..そう思っている私もマイッテいます..この先不安です。
 でも、子供たちは、先ほどの事が嘘のようにはしゃいでいます。「助かったぁ」と何かから逃げ出したかのように思ってしまいました..何かから逃げ出したいと思っていたのです。

 その後の水族館の中は、それなりに(かなり?)、手を焼かされましたが何とか時間をかけて水族館を見て回ることができました。子供たちも楽しかったようです。
 改めて、二男の障害を思い知らされたといいますか、なんと言っていいのか適切な表現が見つかりませんが...疲れました。

 止め処なく、ただ疲れた事を書いてしまいました。
 これを全部読んでいただいた方、お付き合いありがとうございます。


 そういえば、二男が服のボタンをとめることができるようになりました。
 また、一つ成長が見えました。
 日々、小さいながらも成長していて、素直にうれしいと思います。

FC2ブログランキング

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

「雨ニモアテズ」....。

 こういったネタは、このブログでは初めてですが、あまりにも気になったので書いてみます。

 インターネットのニュースで見た宮沢賢治の「雨ニモ負ケズ」のパロディというのですが...思わず笑ってしまいますが..子を持つ親としては笑ってばかりではいられません。

 とある学校の校長先生が書いたもの。それが小児科の学会で発表されたということです。
 興味ある方は検索して読んでみて下さい。

 これを読んだあと自分が育児でしてきたことを振り返ってしまいました。
 子供を必要以上に甘やかしていないかどうか?
 
 職場の子を持つ同僚と「親としては、この詩は(自分たちへの)戒めになるね。」と激しく同意しました。

 この詩の最後に
>コンナ現代ッ子ニ ダレガシタ
とありました。

 直感的には、親ガシタ..と思いましたが..スグに思い直しました。
 社会ですよね...今の環境がそうさせていると思います。

 「今の親は...」という言葉はよく聞きますが、私は、「ソンナ親ニダレガシタ」と言いたいです。
 私自身は、日本の高度成長期がそのキッカケになったのではと思っています。経済優先で突き進んだ時代に..。

 団塊の世代と呼ばれる方達(またはそれ以上年配の方)から、今の親や子供を批判したり、嘆くセリフが聞こえる度に「まず自分から戒めなさい。」と言いたいです。
 過去が悪いと言いたいわけではありません。
 過去はもう過ぎ去ってしまいました。その時は、それが良い事と判断されたわけですから。
 過去を反省して、将来を見直さないとイケナイと思うのです。
 今を批判する前に過去を反省してください。


 このことを書いて、よく自分を戒めたいと思います。

FC2ブログランキング

日曜は..

 日曜は自分のサッカー試合がありました。

 今シーズンは、PTAの役員を務めたこともあり、学校の行事があってなかなか試合に行けませんでした。いや、子供3人もいると思うようには試合にいけません。

 既に春の社会人リーグは終了し、夏のトーナメントです。
 一回戦は、春の緒戦、惨敗した若い人達(二十代前半)のチームです。うちは三十代後半が中心、四十代数名のチーム。二十代のひとは...たまに居ます。
 試合前の作戦は、守り10、攻め1です。
 私は後半から、攻め1で出ました。

 パスを出そうと思ったら、攻めは自分しかいないことに気が付いて思うように行けません(作戦で、後ろへのパスは危険なので禁止(!)にした)。
 若い人達は速いです。自分有利と思っても、すぐに追いつかれてしまいます。
 ああっ...羨ましい!
 高校時代の動きが欲しい..せめて二十代の!
 こればかりは、自分を責めるしかありません。普段からの鍛錬(練習)が無いのです。自分を戒めたいと思います。

 細かい試合内容は、イイとして...結果..勝ちました!
 0対0のPK(4対3)勝ちです。
 作戦が功を奏したといいましょうか、予定通りといいましょうか、勝ちました。
 ちなみに、PKの5番目を蹴りました。入りました。

 あまり、かっこイイ勝ち方ではありませんが..うれしいです。

FC2ブログランキング

歌が大好きな二男

 二男は歌が大好きです。
 保育園からの帰りの車の中では、親の影響をモロに受け、自分の聞きたい局を要求してきます。
 「オルガリッパ」...ジョニー.B.グッド(ジミヘン)
 「ゲデドン」...Get It On(T-rex)
 「ライサホーホー」...StarMan(デヴィット・ボウィ)
 車の中の曲は完全に私の趣味で固めています。
 この影響は長男でも同じです。でもちょっと傾向が違っていますが。

 自宅に帰っては、おもちゃのマイクを使ってビデオで覚えた歌を熱唱しています。ダンスつきで。
 親に歌うことも強要してきます。
 私は好きなので、休みの日はギターを持ち出して喜んでリクエストに応えてしまいます。

 夢は親子共演(競演もイイ)です。

 早く一端のアーティストになることを期待しています。

 今日は親ばか記事でした。

FC2ブログランキング

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

うちの長男

 三男に続いて、今日は長男について書いてみます。

 今年から小学校に入学し、毎日楽しく小学校に通っております。
 彼をひとことで言えば、「やさしい」という言葉が当てはまると思います。
 下の子の面倒見がいいです。保育園に通っていたときから下のクラスの子供の面倒をよく見ていたようです。
 また、よく泣きます。人とお別れするとき、何か嫌なことをされているとき、他の人が嫌なことをされているのを見たとき...。
 ちょっとしたきっかけで泣いてしまいます。泣き虫だと思います。でもそのやさしさは大事にして欲しいと思っています。彼の優れた点だと、私は思っています。

 今、彼にやらせたいことは、運動です。サッカーをやらせようと画策中です。正確に言えば、その画策はもうすぐ仕上げの段階です。夕方、帰宅するとサッカーの練習を自分からするようになりました。
 2年前から私のサッカーの試合に連れて行くようになり、徐々にサッカーへの興味を植え付けたことは功を奏し、近々クラブに入ることになりそうです。
 サッカーをやる親の立場としては「やった!」という感じですが、自分のサッカーをやる機会は減りそうです。

 ちなみにスキーは既に2年前から始めて、急斜面やこぶ斜面も滑れるようになりました。

 自分の目指す、親と一緒にスポーツをやるということは達成できそうですが、問題は自分の体力維持です。あと十年は今のレベルを維持したいです。

 さぁ、ガンバろ。

FC2ブログランキング

テーマ:男の子育児 - ジャンル:育児

«  | HOME |  »

プロフィール

子育てお父さん1970

Author:子育てお父さん1970
子供3人
 長男:小学6年生、モーグル選手が目標
 二男:小学3年生、発達障害を抱える
 三男:小学1年生、スキーが好き!
本人の趣味
サッカーとスキー
冬は猪苗代で子供にスキーを教えています。
スペシャルオリンピックスでも活動中です。
バンド活動もしたい

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。