2007-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運動会が終わって...

 運動会は、子も親も楽しく過ごす事が出来ました。
 私はPTA役員として、運動会の裏方の一人として本部テントの後ろで運動会を見ていました。

 運動会の前日は雨の中、近所の同級生のお父さんと5家族分の場所取りをしました。そのおかげで、お昼は近所の方と楽しく過ごす事が出来ました。

 今回は二男と三男を保育園に預けたので、余裕を持って運動会を見ることができて、余計なイライラを感じることなく過ごせて、私も妻も最初から最後まで笑顔で終わることが出来ました。
 家に帰ってからも、妻と私は「保育園に預けることが出来て良かった。」ということが出来ました。いつも、こういうイベント事では子供が多いと煩わしさを感じることが多く、不機嫌のまま過ごしたり、楽しめないことが多くあります。

 運動会が終わると、PTA役員と先生方と反省会、こちらも楽しく交流させていただきました。

 ここまでは、すごく良かったのですが...

 日曜の夜から妻の調子が悪い...熱があるようです。
 次の月曜日は、妻は仕事を休みました。熱があって完全にダウンしています。私も時間休を2時間取り、子供たちの支度を手伝ってから仕事に行きました。
 私も、朝の調子はイマイチでした。歳のせい?..疲れが一日おいて出てきた?...職場についてから益々調子が悪い...明らかに熱がある..朝、お腹調子悪くて3回もトイレに入ったなぁ...オレも?..。
 一日何とか過ごしましたが、家に帰ってからは完全にダウンしました。妻はだいぶ回復したようですが、病み上がりでちょっとキツそうでした。

 今日は三男のポリオの予防接種で午後から休みを取ってブログを書いています。体も回復し、お昼に久しぶりのご飯を食べました。体調を崩してご飯が食べられませんでした。

 子供たちは何事もなかったようです。いったい原因は?....そういえば親たちは運動会の残り物を食べたんです。もったいなくて..夕食とか次の朝飯で...。
スポンサーサイト

テーマ:パパ育児日記。 - ジャンル:育児

今日は運動会です。

 久しぶりに記事を書きます。
 最近、忙しさにかまけてなかなかブログを書いてませんでした。

 今日は運動会です。小学校に入学した長男の初めての運動会です。
 私はPTAの役員をしていますので今日は運動会の裏方をします。PTAも小学生の親として私も一年生なので周りについていくだけですが..。
 今日は二男と三男は保育園にお願いして預かっていただくことにしました。PTA役員として私が働いていると、妻が二人の面倒を見なければなりません。1歳児と発達障害の4歳児...ありえません。絶対運動会を見ている余裕なんか。二人に申し訳ないと思いながらも、今日の両親は長男のためにがんばりたいと思います。

 二男よ、三男よ、決して君らを疎ましく思っているわけではありません。でも今日みたいなときは、お父さんとお母さんがあまりに大変で、精神的にマイッテしまうので勘弁して...君らの運動会のときはたっぷりサービスするから...ゴメン。

テーマ:パパ育児日記。 - ジャンル:育児

療育について 2

■検査

前回「療育について 1」はこちらです。

 検査は2種類行われました。言語検査と心理検査です。検査は母親が一緒に行きました。母親の話では、どちらの検査もその名前からは想像できるものではなく、検査される先生が子供と一緒に遊びを通してその子供の能力を推し量っているような、どちらも知能検査のように感じました。
 母親は冷静にその様子を観察できたようです。検査までの長い時間が、子供の発達障害かもしれないという事実を受け入れる準備が与えたかのようでした。子供がどのように検査を受け、何が出来て、何が出来なかったかを教えてくれました。
 また、その検査の様子を聞くことは、私にとっても子供の障害という事実の受け入れの準備の一つになりました。

 結果を聞く日がやって来ました。検査結果を聞くときには私は仕事を休み、妻と2人で病院に行きました。私は結果を専門の人間の口から聞く直前まで、受け入れる準備を整えながらも「そんなことはないハズだ。大丈夫。」と思い込むことを繰り返しやっていました。
 しかし、その時はやってきます。先生の言葉からは子供の状態の説明と「軽度の発達障害にあたる」という言葉がありました。延々と繰り出される言葉は私の望んでいた内容とは異なる意味を持った言葉です。先生の口から出てくる言葉の調子は、機械的でありながらも少し相手を気遣う丁寧さと相手の反応を確認する慎重さを含んでいました。その人は何度も見てきたのでしょう。今、目の前にいる、真実を表現している言葉の受け入れに躊躇する人達を。言葉を途切れさせることなく、表現が小さく砕かれ、相手の耳に届くように。言葉が蓄積され、真実を構成していました。
 妻は泣いていました。しかし、目は説明を繰り返す人を確実に捕らえていたようです。事実を受け入れていたようです。泣いていますが落ち着いています。そして、話の内容を細かく理解していました。

 一通りの説明の後、一息ついて先生に質問しました。
「今後はどうすればいいのでしょう。どのように二男に接していけばいいのでしょうか。」
先生は答えました。
「とりあえず、月一回の言語訓練からはじめましょう。まだ、物事の理解は難しいですから、無理に教えようとはしないでください。拒否されてしまうことがあります。他の人より成長がゆっくりです。社会に出たときに困らないように、良い習慣を身に付けさせるように丁寧な躾をしてください。良い生活パターンで育児を行ってください。」

 うちに帰って話をしました。
「なんか、ホッとした。」
育児の仕方が問題ではなかったからです。ひとつ大きなプレッシャーから開放されました。
「なんか、いままでそういう人達を差別していた。そういう人達が嫌だと思っていた。」
障害で発達の遅れた人達を、自分が差別をしていたと感じました。ある教育者が書いた本で、「差別をしないことが大事なのはわかっている。問題は差別していることに気がついてどうすべきか考えることである。」と言っていたことを思い出していました。やっとその本当の意味を理解しました。

---------
前回の続きをアップするのに約一ヶ月もかかってしまいました。
このシリーズは地道にやっていきたいと思います。

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

連休中は...

 連休中は、結局どこへも出かけられませんでした。

 妻に続いて、三男が5日の夜中1時半ごろ、喘息の咳が苦しそうなので、ネブライザーをしていると高熱であることに気が付き、計ってみると39.5度...うわっ..。
 結局、朝まで看病しました。イオン飲料を絶えず与えて、泣くたびに抱っこして寝かしつけて...30分位の感覚で..その甲斐あって、8時くらいには平熱に...三男は汗びっしょりでした。やった!でも疲れた。昼くらいまでは気が張っていて、眠気がありませんでしたが、やがて眠気と疲れがどっと押し寄せ、三男と一緒に昼寝。結局、疲れたまま一日を過ごしてしまいました。
 妻は良くならないし、三男は熱出すし、と思っていたら..今度は夕方から長男が39.4度の熱を出しています..へへっ..疲れのあまり思わず笑っちゃう状況...イヤ、ホントは笑えませんよ。
 結局、最終日も気だるいまま(気分ではなく体が)すごすことになりました。

 こういう連休もあるのね。

----------
「療育について」のつづきが...次は絶対アップだ!

今度は妻が...

 前回、三男が喘息の症状がひどくて点滴をしたことを書きましたが、今度は妻が熱を出して寝込んでます。イヤ、子供三人もいると寝込めないんです。

 妻は5月1日に「ちょっと喉が変。医者に行く」と言って、仕事帰りに医者に行きました。案の定カゼでした。
 次の日は二男の検査があり、仕事も忙しいで
「休めない!」
状態でした。私も仕事を一日休んで次の日まで
「休めない!」
状態。
 お昼に電話で午前の検査と体状態を聞くと「熱はあるけど、仕事忙しいから仕事に行く!」とのこと。仕事は残業付きで帰宅は9時すぎ...えっ..仕事できたの?...仕事はこなしたらしいです。
 よる寝る前に体温を計ったら..39.4度..オイ、やばいじゃん。

 昨日は妻には寝て欲しかったのですが、子供が3人(小学1年、発達障害4歳、1歳)ではどうにもなりませんでした。3人ともお母さんが一番ですからなおさらです。
 昨日は、病人を十分にいたわる事が出来ずに終わってしまいました。「子育てって大変」って一場面を作ってしまいました。

 ところで、今日なんですが、朝起きたら体が痛いんです...ワタシの..背中から首にかけて..ちょっと熱っぽいかも...ヤバイ!!

テーマ:育児日記 - ジャンル:育児

育児休業リターン

 今日は急遽仕事を休みました。まるで育児休業に戻ったような日です。

 私の職場では、子供の看護のための休暇が年間5日間与えられています。
 三男は2日程前から喘息の症状が出て、苦しそうです。三男は、一度喘息の症状が出ると長引きます。一昨日は点滴をして症状は和らぎましたが、まだダメです。昨日は最近購入したばかりのネブライザーを使ってその症状を和らげてきましたが決定打にはなりませんでした。
 今日は休みの間と言うこともあり、かかりつけの医者は朝から混雑していました。診療開始前に順番を確保し診療開始後30分ぐらいに見てもらいましたが、点滴が終わったのはお昼でした。長いです...点滴の間、機嫌が悪くて1時間以上は立って抱っこしていました...忍耐です。

 お昼はあまりに面倒くさくなってコンビニで済ましました。三男はほとんど食べません。遊び散らかして、薬入りのフォローアップミルクを飲ませて終わりにしました。その後はよく寝ています。

 三男のお昼寝の間に私は、久しぶりのブログを書いています。前回の続きを、過去(去年の9月)を思い出しながら書いています。その記事のアップはもうちょっと先になりそうです。
 

テーマ:パパの育児 - ジャンル:育児

«  | HOME |  »

プロフィール

子育てお父さん1970

Author:子育てお父さん1970
子供3人
 長男:小学6年生、モーグル選手が目標
 二男:小学3年生、発達障害を抱える
 三男:小学1年生、スキーが好き!
本人の趣味
サッカーとスキー
冬は猪苗代で子供にスキーを教えています。
スペシャルオリンピックスでも活動中です。
バンド活動もしたい

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。