2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペシャルオリンピックスプログラム3日目!

 3月5日、この日もスペシャルオリンピックスのトレーニングプログラムをこなしました。

 二男はあいも変わらずマイペースにスキーを楽しんでいたようです。

 しかし、二男のスペシャルオリンピックスのゲーム参加で気になっていたことが一つ問題が出てきました。

 それは、スキー道具のレギュレーションです。
 スラローム競技参加者はスキー板の長さが130cm以上なければならないらしい!

 二男の身長は120cmを超えているものの、130cmのスキー板はちょっと無理がある。
 今履かせているスキー板は100cmです。
 来年120cmにステップアップ予定でした。
 しかし、レギュレーションを考えて、今シーズンに120cmの長さを履かせてみようかと悩んでいます。

 スキー技術の上達を考えると120cmのスキー板は、まだ早いのですが競技参加のためのレギュレーションがあるのでは仕方がありません。

 次回からは120cmのスキー板を経験してもらおうかと考えています。




 そして、今シーズンからスキーを始めたアスリートのこの日の進歩は!?

 想定以上の進度で進んでおります!!

 3日目にして、完全にスキーを滑れるようになりました!

 この日まではスキー先にプルークの形を作りやすいようにとトライスキーなるものを付けていましたが、午前中の3回目のリフト乗車で外してしまいました。

 そしたら、ナント、思いのほかスムーズに外れてしまいました!

 最初は、本人も怖そうに戸惑いながら滑っていましたが、トライスキーがない方が楽なことに気がつくと、むしろその状態を楽しんで、自由に滑れることをうれしがっていました。

 指導者として、うれしそうな子供の顔はやっぱり誇らしく思います。
↓励みになります。ポチッとよろしくお願いします。
FC2ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

スペシャルオリンピックストレーニング2日目

 今日も行ってきました。スペシャルオリンピックストレーニング!

 場所は沼尻スキー場。

 トレーニング2日目.....私は今日も初心者班担当です。



 二男は上級者班としてポールトレーニングです。

 二男は午前中は、調子がイマイチ上がらなかったようで、午前終わりには泣いていました。
 「さびしい?」
 とりあえず、私と1回一緒に滑ってお昼ごはんへ行って、食べた後も調子はイマイチだったのですが、その後の練習は好調そのもので、ポールを滑るのも大分上手くなっていました。


 そして、私が担当する初心者班!

 今日はイキナリ、リフト乗車です!!
 事務局も「えっ、リフト乗るの!?」と思うほどのイキナリ乗車!

 「リフトに乗ったほうが練習の効率が良いし、何より長く滑る時間が確保できる。」
 「子供なんて、ナントカなるもの、理屈じゃない!」
 と強気の説明で、保護者の協力を得てリフトに連れて行ってしまいました!!
 (正直言えば、ギリギリまでリフトに乗せるのは悩んでいたのですが、弱気を見せたら保護者もアスリートも不安になるので、強気で攻めてみました。)

 前回、スキーを履くという課題をこなし、今日はリフトに乗るという課題と、ブレーキを覚えるという大きな課題の中、見事に初心者班全員、上手になりました!!

 保護者も事務局の人間も驚くほどの成長ブリ!

 素晴らしい!!


 保護者、及び私以外のコーチにはスキー無しでリフトに乗っていただき、長い初心者コースを何度も走って降りていただきありがとうございました。
 たいへん疲れたかと思いますが、それ以上の成果をあげられたものと自負しております。
 また、次回もしっかり動いてもらいますので、どうぞよろしくお願いします。

↓励みになります。ポチッとよろしくお願いします。
FC2ブログランキング

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

スペシャルオリンピックス

 「スペシャルオリンピックス」ってしってますか?

 久々の二男の話題ですが....。



 来年、近くのスキー場でスペシャルオリンピックスが開催されるらしい。



 ....で....。



 「二男は何歳?」
 「8歳から出場できるんだが、出てみない?」
 「2014年には韓国で世界大会があるんだが、それも考えておいて。」

 「なに!?」
 その存在は知っていました。
 もしかしたら、出るチャンスがあったら出して見たいと思っていた事もあります。



 来年、8歳になります。

 「やってみますか!」 

↓励みになります。ポチッとよろしくお願いします。
FC2ブログランキング

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

最近の二男の様子は.....。

 ご無沙汰してしまいました。

 二男の事について記事にしたいと思います。
 書くことはたくさんあるんです。
 記事にしていませんでした.....。


 夏休みに入って、普段は児童クラブに通っています。
 プールにも楽しく行っております。

 学校からはいろいろと支援していただいて、たいへんありがたく感じています。
 児童クラブでもいろいろと支援していただいて、こちらもたいへんありがたいことばかりです。


 いくつかの次男の話題を....。

 まずは、夏休み前のことです。
 入学前に、校長先生に二男の自閉症について児童に説明する機会を作って、説明して欲しい旨を要望しておりました。コチラから説明してもイイぐらいの感じで....。
 この件について、校長先生は慎重に考えて....
 同じく特別支援学級に入学した児童の親に了解は頂いていたのですが、児童に説明するのは難しかったようで、各クラスの担任に説明するように言っただけで、結果として児童には上手く伝わっていませんでした。

 1年生の担任は特別支援の児童を担当した経験があるらしく、上手く説明したいたようで1年生は二男とも上手くやっていたようです(1年生だけに純粋な子供が多いという事もあります)。

 長男の4年生のクラスは全く説明がなかったようで、長男は嫌な思いをすることが多かったようです。特に4年生ぐらいだと男子と女子で精神的な成長の差もあって、女子から言われる一言にショックを受けていたようです。

 そんなこともあり、改めて校長先生に要望しました。
 「全校生に説明してださい。」
 校長先生としてはそれなりに悩んだようで、同じ特別支援の児童の保護者にも説明した上で、朝の全校集会で説明をしました。みんなと同じように出来ない旨の説明をして...
 最後の一言は.....
 「みんな違って、みんなイイ。」

 このことは良い結果をもたらしたようで、児童クラブの先生も校長先生の説明を聞いてから、二男に接するほかの子供達の態度が変わったとの話がありました。



 もう一つの話題...。
 プールを楽しみにしている二男...全く泳ごうとはしていませんが、プールに入る事は楽しいらしいとのこと。
 しかし、小学校のプールは危険予知ができない二男にとっては危険そのものです。

 夏休みに入る前に、夏休みのプールをどう対応するかが話し合われました。
 対象はうちの二男を含んだ特別支援学級1年の2名。
 保護者と校長先生、担任の先生、そして児童クラブの先生方で話し合いをしました。
 家(二男の場合は児童クラブ)からプールまでとプールでの対応、プールから家までの帰宅方法についてです。
 学校からの提案はプールには校長先生と担任の先生がマンツーマンで付き添うとのこと。
 最初は「そこまでは過剰では..」とは思いましたが、一生懸命考えてくれる先生とプールの危険について話し合いが行われた結果....

 こうなりました...。

■家(二男は児童クラブ)からプールまで。
 保護者(二男は児童クラブの先生)
■プール
 担任の先生がマンツーマン(二男は校長先生)、又は保護者
■プールから家(二男は児童クラブ)まで
 プールで担当した先生又は保護者

 結構(イヤ、かなり)、支援していただいております。

↓励みになります。ポチッとよろしくお願いします。
FC2ブログランキング

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

運動会がありました。

 先日、長男と自閉症の二男が通う小学校の運動会がありました。

 二男にとっては小学校に入学して初めての大型行事です。

 親としては非常に心配しながらの運動会となりました。


 さて、その様子は....。






 最初の全体更新や整列はバッチリできました。
IMG_0450.jpg
 (担任の先生の補助付きですが....。)

 続くラジオ体操もみんなにあわせて体操することが出来ました!
 親である私たちは、それだけで声を上げて驚いてしまいました!
IMG_0466.jpg
 「おおぉっ! みんなと一緒にやっているぅっ!!」

 すごい驚きでした!

 いや、すごい進歩です!!

 普通の小学校に入学出来て、そしてその結果が非常に良好です!


 そのあとの徒競走もバッチリできました。
IMG_0515.jpg
 (ちょっと走り方が...まだまだ幼児のような走り方...。)



 1・2年生合同で行うダンスは....全くダメでした。
 全くと言ってイイほどに踊りませんでした。
 みんなと違う動きをして、列を乱す場面もありました。
IMG_0713.jpg
 担任の先生が付いていましたが....全くダメ...。

 まっ、ショウガナイ...。

 事前に聞いた話では、練習では中央に立って全く違うパフォーマンスをしてしまう事もあったそうな...。


 1年生の競技は、ちゃんと最後まで出来、親としてはその進歩に感激でした。
IMG_0632.jpg
 (担任の先生のサポートは大きいですが....。)



 4年生の長男は、今年は競技の順位はイマひとつの結果に終わってしまいました。
 本人も少しその結果には不満だったようです。
 リレーの学年代表に選ばれなかった事も不満だったようです。
20090307_uemuraFinish

 親としては、少しは競争心というものが強くなってきたようでよいことだと思っています。
 (この思いで、奮起してくれる事を望みます。)




 自閉症の二男が普通小学校に通い始めて2ヶ月が経ちましたが、結果は良好のようです。

 あとは、これから他の子たちが、自閉症の二男をどのように見てくれるのかが心配なところです。
 既に一部では「変な子」扱いされ長男は嫌な気持ちになっているようです。


 それでは...また。


↓励みになります。ポチッとよろしくお願いします。
FC2ブログランキング

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

二男の就学(3)

 4月16日に授業参観がありました。

 二男の特別支援学級での授業が見学できる貴重な機会です。


 教育委員会からは「養護学校が適当」と言われ、説得工作まで行われたにもかかわらずに入学させた地区小学校の特別支援学級です。気持ち的には「教育委員会の判断は誤り」と懐疑心を持っています。
 (ココはつい強調してしまいます!)

 非常に不安な気持ちと、微妙な期待をもって授業参観に出かけました。


 教室に入って....



 ちゃんと席に座っています。

 ナント鉛筆で文字と数字を書いています!

 驚きました!!


 ただ、授業への集中が....落ち着きがない!
 まぁ、これは療育の先生にも言われていたことだから当然といえば当然...まだ幼い分...しょうがない。




 そんで、参観が終わって学級懇談会があり、先生とお話しました。

 特別支援学級には現在4名の児童がいらっしゃいます。
 1年生2名
 4年生1名
 5年生1名(たぶん、5年生だと思う)

 授業中は1年生二人が落ち着きが無く騒がしいということで上の学年二人は授業に集中できないため、教室の中で二つにわかれて授業をしているようです。

 先生方の最初の感想は....。
 「心配したほどのことはありませんでした。」
 落ち着き無く教室の中を出歩いて、もしかして授業にならないのではないのだろうかと心配されていた様子でした。
 このことは教育委員会の会議の中でも一番判断の基準になったらしいです。

 この日、妻とも話をして
 「地区の小学校の特別支援学級に入れたことは大正解だったね。」
 これには大きな自信を持ちました。
 このことは同時に「教育委員会はあてにはならない」という思いを強くしました。
 個人的な考えですが「教育界はあまりにも旧体制以前の組織」となってしまっているように思われます。
 先生個人にはそうでないところはたくさんありますが、組織として見た場合には、あまり良く映りません。
 先生個人の努力が報われるような、現場に目を向けたような組織になることを期待したいです。


追伸:
 この日、二男は学校のストーブで右手を火傷してしまいました。
 何度も先生方は謝罪されました。
 まぁ、こういうことは子供ですから起こりえること...。
 私たちは全く気にしていない旨を伝えました。
 でも、見守り役の先生の立場としては何度でも謝罪したくなるのが心情です。
 二男も全然気にしていないようです。

↓励みになります。ポチッとよろしくお願いします。
FC2ブログランキング

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

二男の就学(2)

 二男が小学校に入学して1週間が過ぎました。

 とりあえず、大きなトラブルはありません。
 二男も楽しく小学校に通っています。

 小さなトラブルとしては、上の学年の児童とケンカをしたことです。
 私が一番心配しているのは他の児童とのトラブルです。

 二男は精神遅滞なので、まだまだ幼くルールというものが判っていません。
 また、突然の思いがけない変化を他人からの攻撃と受け取りかねません。
 通常の児童であれば許せる範囲のことが許せないということがあります。


 最初のトラブルは放課後児童クラブで上の学年の児童と一度起こって、長く争いが続いたようです。
 二男が遊んでいた玩具を横から取ってしまったのが原因と伺っていますが、普通はその後に話をして許せることも二男には許せません。話も通じません。攻撃されたことだけが強く印象に残るだけのようです。

 二度目のトラブルは、放課後児童クラブに向かう時に上の学年の児童が持っていたボールが水溜りに落ちて二男のズボンを汚してしまったことです。
 自閉症に見られがちなことですが...ちょっとした汚れが許せないことがあります。
 二男は怒って上の学年の児童に飛びかかろうとしたらしいですが、先生と祖父母になだめられ着替えをしました。
 着替えをした後も他の子に飛びかかろうとしたらしいです。その後、先生と祖父母になだめられ、放課後児童クラブでは無事過ごせたようでホッとしています。


 二男のトラブルを心配して、登校時、下校時に保護者が付くことにしました。
 登校時は私が仕事前に一緒にクラスまで送り届けます。
 下校時には祖父母が放課後児童クラブまで送り届けます。
 また、二度目のトラブルのような対策として着替えを持たせています。


 今のところ無事に、楽しく学校生活がスタートできて安心しています。

↓励みになります。ポチッとよろしくお願いします。
FC2ブログランキング

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

二男の就学(1)

 4月6日に二男が地区の小学校に入学しました。

 もちろん、特別支援学級にです。

 1年生は二男を含め2名が入学しました。
 他に上の学年の児童2名と合わせて、計4名のクラスになります。

 まずは入学式ですが、入学式にあたっては前日に一緒に特別支援学級に入学する児童と入学式の練習を行いました。
 普通は事前に入学式の練習なんてありませんよ...。

 あっ、それと入学前の3月30日に校長先生、担任の先生方との入学に当たっての打ち合わせもしました。

 二男がどのような子供で、どのように学校で対応をしていけば一番良いのか...そんなことを先生方と話をしました。
 自閉症の子供特有の特徴的な話から二男の好きなこと、出来ること出来ないこと...。

・事前に予定を説明してから行動させる。
・急な予定変更はしない。
・十分に説明してから行動に移させる。判っていると思って行動させると後で大変なことになる。
・視覚的に訴えるのが一番効果的。
・何か始まったら途中で止められないので、区切りの良いところまでやらせる。
・ビデオが好きで途中で止めるのは難しいので、時間で止めさせたい時は十分に説明してから見せる。
・濡れた地面は長靴でないと歩けない。普通のズックでは悲鳴を上げる。



 さて、入学式はどうだったか....。
 まぁ、ナントカ会場にいることは出来ました。
 じっと座って待つことは出来ませんでしたが、担当の先生方が付いて入学式の最初から最後まで付っきりで隣にいてくれましたので...途中、大好きな「イナズマイレブン」の歌を元気に歌いだしたりしましたが...。


↓励みになります。ポチッとよろしくお願いします。
FC2ブログランキング

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

«  | HOME |  »

プロフィール

子育てお父さん1970

Author:子育てお父さん1970
子供3人
 長男:小学6年生、モーグル選手が目標
 二男:小学3年生、発達障害を抱える
 三男:小学1年生、スキーが好き!
本人の趣味
サッカーとスキー
冬は猪苗代で子供にスキーを教えています。
スペシャルオリンピックスでも活動中です。
バンド活動もしたい

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。